かねさだの自転車日記

神奈川のにわかローディの雑記です 主に南に向かって走ってます (北は山だし・・・)

2016年05月

5
さて、フレッシュ完走レポの続きです。

あ、その前にひとつお断りを。
このレポートは事実に基づいたものとなりますが、あくまでもかねさだ個人の主観になります。
よって、間違い、勘違い、認識違いなど多々あると思いますので、細かいツッコミはなしでお願いします!


前日は21時とかなり早めに寝ちゃったのでそんなに長く寝ていられない私は4時過ぎくらいにはもう目を覚ましちゃってました。
そういやホテルのスタッフの方が御来光を見るなら5時頃ですよ~というのを思い出して、カメラを取り出してそそくさと部屋をでます。
めっちゃさむーい中、雲の切れ目から登ってくる御来光を待ちます。






お日様パワーで氷閉ざされた道を切り開いてくれー!!!

っと、いかがでしたでしょうか?
あぁ、NEX-7とNDフィルタ持って来ればよかった!
なんてちょっぴり後悔しましたが、コンデジでここまで撮れれば十分でしょうか。

朝日が登り切って青空と銀世界が広がります!
この時の気温は-6℃!
まだ道路もカチンコチンです!!
・・・こりゃスタートは絶望的かな?いやいや、太陽が頑張ってくれる!なんて不安と期待が混ぜこぜ状態のまま、もう一度お布団に戻ります。


リーダーはさすがの胆力!
朝ごはんができる7時くらいまでしっかりぐっすりオヤスミです!


横にはなってみたものの、どうにも眠れなかったので下に降りてマーカスくんとインディくんにおはよーのご挨拶。
めっちゃ眠そうにしてました(笑)
ただ、この後、名前を呼んだら元気いっぱいに群がってきてもみくちゃにされました\(^o^)/


改めて外にでると5月になろうかというこの時期での雪景色。
もちろんこんなのは初めてです!


というか、雪国出身ですがこんな見事な樹氷を見るのも初めてです!





イーチョさんは既に着替えて準備万端!


バイクたちもいまかいまかと待ちわびているようです。


ひとみさんも準備万端!


外には昨日の雪で待ってましたとばかりにスキーヤーがたくさん滑っておりました。
リフトはもう動いてないようなので担いで上まで登ってらっしゃってましたね。


7時を過ぎてもまだ道路はカチンコチン。
あぁ、こりゃダメかなぁ・・・なんて思ってた所に除雪車と融雪車が通ってから状況が一変!
みるみるウチに融けていくではありませんか!塩化カルシウムは偉大!


しかし群馬側の管理詰め所に電話をかけると封鎖解除は午前中に行うという玉虫色の返事。
借りに1時間遅くてもなんとかなったのかもしれませんが、最初からハンデを背負うと無理な走行で余計なトラブルが起きかねません。
早く!早く!と皆が祈るなか、ここでヒデさんが電話攻勢!!
まだですか!?まだですか!? と連続攻撃についに音を上げたようでなんと10時きっかりに規制解除とのこと!!
ホテルの人も封鎖されてる方の電話によって動いたんだよといってたので、まさにヒデさんのおかげ!
頼れるリーダー本当に最高です!!

俄然テンションがあがってきて、出発前の記念撮影!


それぞれパンをひとつ買って、打刻! 時間ピッタリ!おっけー!
と、実はこの少し前に実は前もってパンをひとつ購入しておりました。
理由はこの手のホテルや個人商店ではレジの時間がずれていることが当たり前なので、時間があっているかチェックしていただきました。
案の定、20分以上ずれていたようで、携帯の時計とにらめっこして秒単位でレジの時間を合わせていただきました。
ホテルのスタッフのご協力もほんとうにありがたかったです。
ほんとうに自転車乗りにとって最高のホテルです!
ぜーーーったいにまた来ます!

自転車に乗り込んでいざ封鎖ゲートを通過!
いよいよスタートです!

スタートして若干下っていくと・・・見えてきました!
日本国道最高標高地点の標榜!
・・・カチンコチンです(笑)


そして、見よこの絶景!



すぐ後ろには雪の回廊!(・・・回廊?いや、確かに回廊でした!


みんな突き刺してイエーイ!


そして・・・いよいよ渋峠からのダウンヒルです。
そう、恐怖のアイスバーン(かもしれない)ダウンヒル!!
恐ろしく強烈な風と相まって恐怖は倍増、いやさ10倍増。

さぁ、そのビビリっぷりと絶景を動画でご堪能あれ!
あ、ところどころのひとりごとは聞かなかったことにしてください(笑)

どーです?このびびりっぷり! 常に道のド真ん中を走ってます!
後ろからの車に迷惑?そんなもんより自分の命が一番大事なんです!
コーナーではもう停止寸前です(笑)
実際には凍ったところはなかったんですが、少しでも黒いシミがあったら最大減速。
ブラックアイスバーンの可能性がありますからね。

ただ、景色はほんと最高でした!

標高500mほど下ってようやっと凍結の心配がなくなってきたところで現れたのが殺生河原です。
いやぁ、臭いっていっちゃってますがほんと臭かった!
思わず吸い込んじゃってめっちゃ咳き込んでしまいました(ノ∀`)

そして登ってくるローディの多いこと!
きっといまかいまかと開門を待ちわびた方たちでしょうね。
みんな元気に挨拶を返してくれてほんと楽しかったです!ヽ(´▽`)ノ

・・・そんななか、我々の先をダウンヒルしている方が居ました!
しかも・・・ママチャリ! ロードバイクのダウンヒルと互角のスピードを出してるママチャリです!
いやいやいや。いったいなにもんですか(笑)
無理に抜くのも危ういスピード差なので後ろを着いてやりすごしましたが、地元のダウンヒラーでしょうかねぇ?(笑)

恐怖のダウンヒルを終えて草津のセブンイレブンに到着。
ここで厳冬期用装備を脱いでちょっとだけ春向けに着替えます。
イーチョさんはもう既に夏向けだったかな?(笑)

そして草津からのダウンヒルの再会です。
山桜が咲き誇ってます!


2月から4月の末までサクラとともにブルベを走ってきてます!
いやぁ、このコースにしてほんとによかったです!




そうして草津を下り終えて、緊張の糸が切れてきた瞬間にそれは起こりました。
ここからは私の主観での話になるので、厳密には異なるかもしれません。

長野原草津口駅の手前の細い住宅街を抜けている時でした。
後ろから車が迫っていたのでバックミラーをちらりと見て前方に視界を戻した瞬間に前方でブレーキ。
慌ててフルブレーキをするも、一つ前を走っていたけーこさんのリアディレイラー部にフロントタイヤを接触させてしまいました・・・
そして、バランスを崩して私とけーこさんがともに落車。
どうやらお年寄りが道路を渡ろうとしてチーム全体がブレーキ。反応が遅れてしまった私がけーこさんに接触してしまったようです。

この落車でけーこさんのディレイラーハンガーが曲がってしまい、プーリーも破損してしまいました。
正直、私はおろおろしているだけでなにもできませんでした・・・
そこにヒデさんがハンガーを手ぐいっ! なんとか走行できる状態に戻すことができました。
ただ、リアディレイラーとスプロケからは常に異音が出る状態で、
けーこさん本人も腰を打たれて痛めてしまいました・・・

ほんとうにほんとうに申し訳ありませんでした。
この場を借りて、改めてお詫びいたします。

私の方のダメージはおしりを打ってしばらく痛みがあったのと、フロントホイールに横ブレが起きてたくらいで、さして問題はありませんでした。
※後にフロントホイールのスポークがぐにゃっと曲がっていて、さらにブレーキにも干渉していたことがわかりました。この状態で走りきってくれたSHIMANOホイールの信頼性に感謝です。

一瞬の不注意が公道では命取りになる。わかってたはずなんですけど、どこかに慣れがあったのかもしれません。
気を引き締めなおして改めて走行を再会しました。


長野原草津口駅から高崎までは緑が多くて、下り坂で下り坂で下り坂でほんとうに最高でした!


イーチョさんもこの時はにっこり!


だけれども、市街地に入るに連れて・・・


イーチョさんはねむねむ峠に差し掛かってきてたようです(笑)




先頭を元気に引いていく皆さん


ネムネムネムー!


スカっと晴れて、気温はぐんぐん上昇!


ネムネムネムー!


イーチョさん全行程の7割くらいがネムネム状態だったんではないでしょうか(笑)

さてさて、PC1にほぼノンストップで到着!

割りとヘトヘト状態の私にヒデさんから・・・
「ここでの休憩は10分ね~」
マジか!? さすがキャノンボーラー。休憩時間も超特急だ!とか内心思ってました(笑)

えー、実際にはどうだったかというと、ほんとに休憩時間10分で出発でしたハイ。

さー、高崎をでて次のPCというか、休憩ポイントであるところの佐野へ向かってごー!


イーチョさんは再びネムネムネム~!


足利市に入ったあたりでも~・・・


ネムネムネム~!







さて、後ろばかりの写真ではアレなので正面からも撮りますよ~~~

まずは頼れるリーダー 日本屈指のキャノンボーラーのヒデさん。
※すみません、突然撮ったので驚いた表情になってますね(笑)


無限の体力でみんなをぐいぐいひっぱるけーこさん!


みんな(いやさ主にヘボい私)を気遣ってケアしてフォローしてのひとみさん!


ネムネム峠にたまにオラオラ状態 ちょっぱやランドヌーズのイーチョさん!
背中の大荷物は結局最後まで背負ってました(笑)
ヒデさんいわく、ぜったいありえない! 私もそう思います(笑)


こんな個性あふれるメンバー達とぐいぐいぐいーっと走り続けていきます!

なにやら暗雲が立ち込めるような雰囲気もありましたが、強い日差しを遮ってくれてかえってありがたかったです。


下り基調、追い風と好条件も重なってグロス20km/hを維持し続けて走った結果、当初予定していた佐野ラーメンの日向屋の開店前に到着してしまいました(笑)
事前の計画だと20km/hでちょうど開店時間になると計算していたんですが、@30分後。
どうやら今日は遅め開店のようでした・・・
こんな予定外のことも普通に起きるのがブルベって感じですね( ;∀;)

さすがに30分も待ってられないので、走りつつリーダーがSNSで情報収集!
あっというまに次の店候補を見つけて、またまたまたさすがの対応力です!

そうしてやってきたのが佐野ラーメン小三郎さん!
ここはAJ埼玉のアタック宇都宮300でも利用された方がいっぱいいらっしゃいました!


運良く5人座れる座敷に即通されてもちろん注文するのは佐野ラーメン!
この手打ちで不揃いの麺と透き通ったスープが佐野ラーメンですよね。
そして、ここのはしょうがをたっぷり使った個性的な味になっております。
このたっぷりのしょうががほんと美味しくて温まりました!


そして、餃子! これもたっぷりのニラを使っためちゃうま餃子でした!
いやぁ、おなかいっぱい食べられました!


ここからは隊列をちょい変更しまして、
ヒデさん、私、けーこさん、ひとみさん、イーチョさんの順になりました。
ヒデさんの直後を走れるという最高の時間をPC2まで過ごすことができました!
ほんとペダリングが綺麗で体がまったくブレないんですよね。
まさに人馬一体。



そしてここからR50のバイパスを走っていくことになるんですが、ところどころ自転車通行禁止のところがありました。
怪しそうなところは事前にGoogleStreetMapで確認していたんですが、甘かったようです(ノ∀`)
ここでもヒデさんの柔軟な対応力が発揮されました。
通行禁止だけではなく、道幅が狭い陸橋も柔軟に避けてメンバーの安全第一のルートを選んでいきます。
優れたランドヌールは走力だけじゃないんですよね。ほんと勉強になります。

さて・・・えー、ここから一気に写真が少なくなるのは暗くなったというのもありますが、
余裕がなくなってきたからです(ノ∀`)
先ほどのラーメンと餃子がちょっと食べ過ぎて気持ち悪くなってました(笑)
でも食べたかったんだから後悔はしない!

そしてここが唯一の向かい風区間でした。
向かい風になったとたん・・・
「やったー!!!」と叫んで喜んだのはもちろん先頭のリーダーです(笑)
これがこのFlecheで一番印象に残りました(笑)(笑)

PC2への最後の区間は田んぼの間の農道のような道をまったりのんびり。
カエルの合唱を聞きながらPC2に到着しました。


ここはイートインスペースが広くてゆったりと足を休めることができました。
みなさんがっつり補給されてましたが私は佐野ラーメンが残っていたのか、ここまでの疲れで胃がやられたのかあんまり食欲がなく、コーヒーと宇治抹茶パイ、道中の補給食にチョコを購入。


ここからようやっと折り返しになります。
ここまで追い風基調だったんだから、向かい風なんだよなぁと思ったら・・・
なんと追い風! PC2の手前から向かい風基調だなぁと思ったら風向きが180度変わっていたようです!
いやぁ、こんな最高の風はいままでのブルベでも初めてかもしれません。
リーダーは不満そうでしたが(笑)

ナイトランになるのでペースは落ちるのかなーなんて思ったんですが、そんなことはありませんでした(笑)
相変わらず巡航速度は30km/hを超える速さでみなさんグイグイ走って行きます!


ネムネム峠を超えたのかイーチョさんがだんだん元気になってまいりました(笑)


落ちないペースに音を上げたのはやっぱり私でした(ノ∀`)
ハムだんだん働かなくなってきて、細かくダンシングして使う筋肉を変えてだましだまし付いていきます。
ほんと追い風でよかった・・・向かい風だととてもダンシングはできませんでしたから。

そうして進んだところでいよいよギブでコンビニ休憩を要求しちゃいました(ノ∀`)
ここから一気にペースダウン!
ペースダウンすると体が冷えてきて眠気が襲ってきてさらにペースダウンという悪循環に陥ります。

イーチョさんも再びネムネム峠の訪れです。
私もかなりネムネム状態でした。


それでも、どーにかこーにかPC3の黒スコさん地方のデイリーヤマザキに到着しました!
動画でもわかるように、かなり疲れております(笑)


ようやっと着いてゆっくり休めるなーと思ったんですが、このデイリーヤマザキは店内イートインがない店でした・・・
そして、近くにマックがあることは確認していたんですが、24h営業ではありませんでした・・・
事前調査が甘々でしたね/(^o^)\

日付もかわって、黒スコさん地方の寒さが堪える中、あまり長時間の休憩もできないということで、ルートから一旦はずれることになりますが急遽、飯能のデニーズまでいくとこになりました。

私以外の人は体力十分、でもやっぱりネムネム状態?
というわけで、ここから眠気を吹き飛ばすためにイーチョさんのオラオラ状態が始まります!
そしてリーダーから兼定さん付いてイケ!の指令! はーい、いっきまーっす!
もう必死になって付いて行きました!\(^o^)/

このスピード感が伝わりますでしょうか?
これ、登りなんですよ?(笑)


もーだめ!もーやめて! と思いながら走っていたところで後ろが付いてきてないことに気がついて、よーやっとオラオラ状態を収めてくださりました(笑)

その後、何度かコンビニ休憩もはさみつつなんとか休憩ポイントに到着!
安心安全24h営業のデニーズでこざいます。

先ほどのダッシュでもう疲労困憊。眠気いっぱい。
せっかくのデニーズですが、コーンスープを飲んでテーブルにつっぷしてしまいました・・・

どーにかこーにか眠気が取れてきたところで再出発!

途中、入間川から望む朝日がほんとうに綺麗でみな立ち止まって写真タイムです。





飯能の茶畑もすごい色鮮やかで朝焼けの光景とあいまって幻想的な雰囲気を醸しだしております。


正直、自分的にはこの時間が一番脚が回らない状態となっておりました。
脚が冷えきって、おまけに食事満足に取れてない状態。お腹の調子もあんまりよくないとわりとボロボロの状態でした(ノ∀`)


ハンガーノックと睡魔でヘロヘロ状態になりながらもなんとか22hチェックポイントのデニーズに到着しました!


しっかり休んで、22hチェックのレシートを受け取って、再出発!

ここからの2hはものすごく緊張しました。
目標のゴール地点までたったの30kmほどですが、パンク等のトラブルの一発でDNF確定。
それに市街地に入ってきたのでいろんな事故のリスクも高まっていきます。
慎重に慎重に。頼れるリーダーの的確な走行で徐々にゴールに近づいていきます・・・

そして、ついにゴール! 24Hきっかりに到着しました!
いやぁ、安堵のあまり、動画撮るのすっかり忘れてました(ノ∀`)


みんなにっこり!いやぁ、疲れていっぱいいっぱいでしたが、ほんと心からの笑顔です!
13087602_992712174139273_7913024656575935313_n

そしてナイスプレイスに向けて本当の意味での凱旋です!

けーこさんのナイスなVサイン!


この多摩川河川敷とその向こうの
ビル群が見えると、あぁムサコに帰ってきたなぁと


ナイスプレイスに到着して、ゴール認定(仮)を受けることができました!
ちなみにイーチョさんは最後までこの大荷物を背負いきって走りました(笑)


さぁ、ゴール後はお楽しみの懇親会! ビールがちょーーーーーーうまーーーーーー!!!!!


そして山盛りの料理が到着!

しましたが、あっというまになくなりました(笑)


ゴールしたぜ(≧∇≦)/
13139346_992753820801775_3702212845513433537_n

最後は会長から〆のご挨拶!


楽しかった懇親会もあっというまに終わって流れで解散となり、家に戻ったのが15時過ぎ。
そこからベットに倒れこんであっというまに意識がなくなってしまい、長かったフレッシュがようやっと終わりとなりました。



前日の移動を含めて3日間。
ほんとうにほんとうに素晴らしく楽しい体験をさせていただきました。
この楽しいフレッシュチームに誘って頂いて本当にありがとうございます!

いっぱいいっぱい迷惑を掛けてしまって、足をひっぱりまくったこの未熟なライダーを、それでも確実にゴールまで運んで下さったみなさんの走力・対応力・精神力には本当に脱帽するとともに、感謝しきれません。

また、このイベントを大成功に終わらせたR東京スタッフのみなさん。
チーム結成からコース作り、いろいろな問い合わせの対応、ゴール認定、懇親会、その他もろもろの膨大な作業。
ほんとうにお世話になりました。

これからもいろいろなイベント等でお会いすると思いますが、その時もまたよろしくおねがいします!



あーーーーー! 楽しかったーーーーー!!  

5
R東京主催 Fleche2016にてTeam DownHill完走しました!

正直、足を引っ張りまくりで悔しい気持ちもあるのですが、
なによりこのすごい豪華なメンバーと一緒に走れたことを誇りに思います。


それでは振り返っていきましょう。

ことの始まりはヒデさんからの一通のメッセージでした。
「ゆるふわグルメフレッシュやりたいんだけどどお?」みたいな感じだったと記憶しております。
ゆるふわグルメ は置いといて、かねてよりフレッシュというかチーム走に強い憧れがあっていつかは走ってみたいと思っていたところに憧れのキャノンボーラー ヒデさんからのお誘いとあっては二つ返事以外ありません。

あれよあれよとメンバーが決まって決起集会も行ってまずはスタートをどこにする?みたいな話がありました。
いろいろ候補があったんですが、最終的には雪の壁に自転車を突っ込みたい!というイーチョさんの強い要望により渋峠スタートにきまりました!

さて、となると次はナイスプレイスまでのルート作成になります。

その前に、Flecheとはなんぞやみたいなところから説明します。(既に知ってらっしゃる方は飛ばしてください)
簡単に言ってしまえば24hずっと走り続けてナイスプレイスと呼ばれる場所に決められた時間まで集まるブルベの一形態です。

普通のブルベと異なるのはざーっくりいって以下の点です。
・3人以上、5人までのチームを組むこと
・制限距離はなし、ただし360km以上走ること
・コースは各チームが自由に決めてよい
・22h地点から少なくとも25km以上走らなくてはならない
細かい違いを上げればキリがないのでこの辺で。

そして、重要なのは各PC間の最短距離の合計が360km以上であることです。
たとえルートラボで走りやすい道を選んで合計が360km以上になったとしても、
NAVIタイム等でPC間を結んだ最短距離の合計が360km以上になっていなかった場合は認められません。

今回、TeamDownHillはスタートを渋峠に決めました。
さて、渋峠からナイスプレイスまで最短距離にすると205kmとなります。
これじゃ全然足りないということで、栃木当たりまで走ってから折り返して黒スコさん地方(埼玉県小川町)を通ってナイスプレイスに向かうという大体の方針が決まり、ざっくりルートを作成しました。
その時のルートがコチラです。

おお!360kmぴったりじゃーん!と思ったでしょうが、これは全然ダメなパターンだったりします(笑)
リンク先を見ていただければわかりますが、この時の想定PCは以下のとおり。
START:渋峠ホテル
PC1:セブンイレブン前橋青梨子町店
PC2:セブンイレブン下館横島店
PC3:セブンイレブン下館林城町店
22hチェック:デニーズ昭島店(残り28.2km)
GOAL:セブンイレブン二子玉駅前店(名前忘れたので適当)

このPC間をNAVIタイム等のルート検索で最短距離計さんをすると、
たしか330kmくらいにまで縮まったと記憶しています。
渋峠からPC1までなんてトレイルランコースみたいなオフロードを走ることになるんですが、それでも道は道。
しっかりと最短距離として認識されてしまうので、なんとかしなければなりません。

さて、手っ取り早くなんとかするためにはどーするか。
簡単です。PCを多くすればいいわけですね~。

例えば一番 最短距離との乖離が激しかったPC1とPC2の間にてきとーなPCを置いちゃえば各PC間の最短距離と実際の距離の乖離は減っていきます。
ただ、これも置き過ぎるとその分、タイムロスとなりますし、イイペースで走ってる時に中断されるのもペースを乱す要因となってしまいます。
ってことをリーダーのヒデさんに突っ込まれました(笑)
PCは3つくらいに収めるべし! とのリーダーからの指令が降りて・・・実は正直、頭を抱えておりました/(^o^)\

渋峠と22hチェックのデニーズ昭島はほぼ動かせない。
でもPCも増やせない。距離もあんまり増やしたくない。
ここからNAVIタイムの最短距離と実際の距離、PC候補のコンビニの位置との格闘です(笑)
PCのディスプレイ3枚を駆使してディトレーダーになった気分でいろんな画面とにらめっこしつつ、ルートを微調整微調整微調整。
最終的にはPC2を下館から真壁まで延長して、PC3を小川町のデイリーストアに変更、GOALもちょっとだけ伸ばして全体距離を374kmくらいに収めることができました。

なんとか収めるまでR東京の担当さんと何度もやり取りを行って、まる2日ほど費やしてよーやっと以下のルートができあがりました。




正直、作り上げた瞬間は会心のできだと思いましたね!
まぁ、実際に走ってみるといろんなところでダメダメなポイントがあってヒデさんの柔軟なリカバリー力がなければ危ういコースでした(笑)

とまぁここまでがルートを作るまでの苦労でした。
R東京のフレッシュ担当の方には本当にお世話になりました。
何度も何度も問題箇所を指示して頂いて、アドバイスも頂いて本当に頭が上がりません。
全24チーム分をこなす労力は大変なものだったとお察しいたします。
この場を借りて、改めてお礼を申し上げます。

あと渋峠をスタートとすることで、白根山の噴火や雪などで通れなくなるかもしれないというリスクも事前にあがっておりましたが、ここはダメだったらしょうがないと割り切ることにしてました。
ま、火山なんてそうそう噴火しないだろうし、今年は暖冬なんだから5月にもなろうかというところで雪なんて降らないでしょ~なーんてフラグちっくなことを言ってました(笑)

さて、前置きがすっかり長くなってしまいましたが、ここからまずはスタート地点に登るまでを振り返りたいと思います。

渋峠に10:00スタートとなりますので、当然 前泊になり、渋峠で泊まるとなると渋峠ホテルしかありえません。
まずは渋峠まで登ることが必要となります。
ここでメンバーによって渋峠に向かうルートがいくつかにわかれました。
1.渋峠の長野県側である湯田中まで新幹線・ローカル線を乗継ぎ、湯田中から渋峠までバスで登るフル輪行
2.渋峠の群馬側である長野原草津口駅まで輪行でそこから自走で渋峠に登る一部輪行
3.フレッシュ前日なのに群馬の高崎から榛名山を超えて草津、渋峠を登るという理解を超えた自走ルート(雨が振ってなければ羽田から自走するつもりだったらしい・・・)

1.を選択したのがひとみさん
2.を選択したのが私、イーチョさん、けーこさん
3.を選択したのが・・・いわずもがなですね(笑)

とりあえず始発からいけばホテルには遅くとも15時くらいにはつくかなーということで、
5時半くらいに川崎を出発。
順調に高崎駅についたところでだいぶ気温が下がってきておりまして、たまらず暖かいかけそばを一杯



食べ終わって次の電車をぼーっと待っている間にけーこさんと合流してローカル線に乗り換えです。


どうやらイーチョさんも同じ電車に乗っているとのことで、渋峠の天気大丈夫ですかね~?みたいな雑談をして、あと20分くらいでつくかな?といったところで、ヒデさんからの一報が。
「シブトウゲ グンマガワ ツウコウキンシ マワリミチサレタシ」

・・・瞬間、頭の中が真っ白になりました/(^o^)\
え、これで終わり?DNS?みたいな。
しかし、そこで行動力を発揮したのがこれまでいくつもの難局を乗り越えてきたけーこさんでした!
イーチョさんと連絡を取り合って、まずは最寄りの駅で一旦降車。

さて・・・なんもないぞ? しかも折り返しの電車はなんと1時間後(笑)
とりあえず、折り返しの電車が来るまでにルートの検索です。


ってことで以下のルートになりました。
湯田中まで言ったらバスで輪行。
そう、ひとみさんルートです。
一番確実なルートを選んだひとみさん さすがです!
この後もひとみさんからの情報でかなり余裕を持って乗り換えることができました。ほんと感謝です!

さて、ルートもきまったので特にやることもなく、ほけーっと雑談しながら次の電車を待ちます。
ちなみにヒデさんは・・・
「菅平を抜けて湯田中に回ります。夜になると思います」
・・・え? ぐるっと回って反対側から登るんですか? いやもう理解を超えすぎて笑いがこみ上げてきました(笑)


ヒデさんならやってのけるのだろうと安全を祈りつつ、折り返しの電車に乗り込みます。


高崎まで戻って長野行きの新幹線あさまに乗り込みます。
軽井沢までは混んでましたが、そこで降車される方が多く、幸いにして大半を座ることができました。
浅間山は残念ながら頂きを見せてくれませんでした。


上田駅を過ぎたところでお城のようなものが?
これは上田城跡公園でしょうか?


順調に長野駅について、ここからは長野電鉄。通称ながでんに乗り換えです。
乗り込んだのは特急でして、こんな風に先頭がガラス張りなんですねぇ。
ウチラは輪行状態なので奥の方にいきましたが。

さすがにお昼も過ぎてお腹がへったね。
ということで駅中のデパートでお昼を買ってきました。
蕎麦いなりが大変おいしゅうございました!



おやきもしっかりいただきます。
りんごのおやきでしたが、めっちゃ林檎しててすごく美味しかったですヽ(´▽`)ノ


長鉄をごとんごとんと走って行くと長閑なりんご園。こんな中を走ってみたいもんです。


まぁ、その先には暗雲が立ち込めてるわけですが(笑)


さて、湯田中駅に到着するとそこにはヒデさんの姿が!
・・・・・・・・・・・あのー、うちら電車で来たんですけどなんでヒデさんの方が早いんですか?
なんだか頭が混乱してきます(笑)

そんなサプライズの中、湯田中駅で渋峠行きのバスに乗り換えです。
このバスは輪行状態なら自転車もおっけー!


登るに従って路面が濡れていきます・・・


雨から次第に雪に変わっていきます・・・


そして頂上につく頃にはこんな感じです。


さすがにこれは自走は無理でしょう(ノ∀`)



ってことでやってまりいました渋峠の頂上。県境にあるおもしろホテルの渋峠ホテルですヽ(´▽`)ノ
我々はながの側に泊まっておりました。


渋峠ホテルのマスコット
マーカスくんと


インディくんです。


実に1年ぶりに会えたわけですが、今回もどちらもぐったり(笑)


そしてヒデさんがホテルの方から受け取ったのは・・・
なんとイギリス直輸入のスコーンです!!!!


半分に割って、たーっぷりとクリームとジャムを塗って・・・いただきまーっす!
しあわせーな味が口いっぱいに広がりました\(^o^)/
ヒデさんいわく、出来立ての美味しさはこの比じゃなかったとか。
いやぁ、スコーンってそこまで好きではなかったんですが、これには脱帽です!


その後、晩ごはんになるまでしばしまったり。
暖炉の火がすっごく暖かいです。
ずっとこの前でぬくぬくしていたーい。


まぁ、外はこんな猛吹雪なおかげでの暖かさなんですけどね(笑)
この時の気温は-5℃だそうです(笑)


お風呂に入ってさっぱりしたところでの晩ごはん!


雪山の定番?シチューのパイ包!
めちゃうまー!


明日のフレッシュにかんぱーい!!!!

この後、明日の作戦会議を行ったんですが、主な話題は群馬側に降りられなかった場合はどうする?でした(笑)
えー、軽井沢までいって碓氷を下って戻る・・・とかだったかな?
とにかく無理は絶対にしたくない。ナイスプレイスまでいきたいねというのが基本方針でした。

正直、山の中なのでそれ以上なにもすることもなく、明日の天気が好天することを祈って21時頃に就寝しました。

さて、思った以上に分量が多くなってしまったので、続きは後半の渋峠スタート~ゴール編で!


↑このページのトップヘ