かねさだの自転車日記

神奈川のにわかローディの雑記です 主に南に向かって走ってます (北は山だし・・・)

2016年02月

あおばの200を完走してきました。
今回は無事にゴールできました!

・・・と言えればよかったのですが、またやってしまいました。


先週の雨の熱海でのダメージが人馬ともに抜けきらないまま前日まで迫ってきまして、
せめてバイクはなんとかしておこうとサイクルキューブさんに持って行ってSPEED PLAYのペダルの修理を行っていただきました。
新品で買うと諭吉さんが飛んじゃうので修理できてほんとに嬉しかったです。

穴が開いたレインパンツの方はモンベルショップに持ち込んだところ、修理可能とのことでメーカー送りとなりました。
この時点で、明日雨だったらDNSだなーとか思ってたら当日の夜から未明まで雪が降るとの予報に変わってるじゃないですか。
おいおいそんなに走らせたくないのかよ・・・とか呆れつつも馬というかバイクの方は準備完了。
人の方は膝の擦過傷が上皮が形成されてきたので衝撃を与えなければ傷が開いたりはないかなといった状態でしたが、左腕の方が肩から上に持ち上げると鈍い痛みがでるという状態でした。

そんな感じで今回はモチベーションがかなり低かったんです。
まぁとりあえずやるだけのことはやって、翌日起きてみてから判断するかということで219時半頃に就寝しました。

翌日、3時手前くらいに起きて外を見ると路面は完全なドライ。
予報は完全に外れたのかなー? と思ってXバンドレーダーの履歴を見ると、川崎付近が降ってなかっただけで登戸から北側や、宮ケ瀬付近はがっつり降っていた様子。
これ宮ケ瀬は凍結してるよなぁ・・・と思っていたのですが、川崎は路面ドライだしひょっとしたら・・・?みたいな甘々な判断で出走することに決めました。

もろもろの準備を終えて4時に出発。自宅からスタート地点である大丸公園までは距離にして19kmほど。
自走するか輪行にするか迷う距離でしたが、輪行だとブリーフィングに参加できないくらいギリギリになるし、知り合いの方々に挨拶する時間も取れないということで自走にしました。

自宅を出発して溝の口を過ぎたあたりから徐々に路面が湿ってきて、登戸を過ぎたあたりから完全に路面はウェット状態になりました。
Xバンドレーダーの信頼性はばっちりですねえ・・・

早く着き過ぎちゃいそうだったので途中のコンビニで休憩しつつ5:10頃に到着。
いるわいるわ。ざっと見た限り5、60人ほどでしょうか?

 
前日の雨で高い確率で凍結してるはずなのにこの人数。
やはりあおばにエントリーする人は何かがこわr っといや肝が据わってるのでしょうか。

さっそく知り合いの方やこんどフレッシュで一緒に走るけーこさんにご挨拶。
同じくフレッシュ仲間のイーチョさんを捜したのですが見当たらず(どうやら遅刻した模様(笑)

ほどなくしてブリーフィングが開始。
今回のコースは以下な感じ。



あおばらしい山ありコースです。
この時期に登らせるなんて狂気だぜ・・・
というか、熱海まで行ってなんで登らせるんだ・・・
とか思ったことはありません。

注意事項としては宮ケ瀬付近の凍結と、宮ケ瀬から下った先にシークレットありますよってところ。
おぉ、実は初シークレットです。まぁ、PC1の熱海まで一気に100kmなんてありえませんわな。
ところで、事前に言っちゃうならそれはシークレットじゃなくって有人チェックでは?とか思ったけど何か定義があるのかな?

そんなこんなで車検&出発になります。
トイレに行って帰ってくると、車検受付のなが~い行列ができておりました。
最後尾について最後の方で車検を受けると6時ちょうどくらいに出発となりました。

けーこさんは当然既に出発された模様で、フレッシュの練習をするならばまずは追いつかないとな!
ということで最初から結構飛ばし気味で走り始めます。



先週の落車の影響はほとんどなく、むしろいつもより脚が軽快に回る感じでウェット路面にも関わらず気分は上々。
このままいけばけー子さんに追い付けられるかな?とかこの時はかるーく考えてました。

道路を脇をみると徐々に白いものが混じっていって、尾根幹に入るころには両脇は真っ白になってました。










しかし路面状態はウェットのままで凍結とまではなっていなかったのでこりゃ大丈夫かな?なーんて思ってました。

やっちまったのは宮ケ瀬へ向かう急激な登り坂が始まる直前の橋でした。
ちょっとした下りでスピードがのっているところで橋の上で同じような参加者の方が立ち止まっていました。
なんだろ?事故か何かかな?と思って慌てて減速しつつ橋に入ったとたんツルッ!
はい、今年3度目の落車です。ほんと学習能力ありませんね・・・
(でも、ここは魔のエリアだったらしくかなりの方が落車していたそうな・・・

バイクはチェーンが落ちてるくらいでパッと見たところ問題はなさそう。
問題は体の方でした。
転倒した際に横腹を打ったようで、体を伸ばすと腸腰筋あたりにビキっと鋭い痛みが走ります。
あとは前回の落車で痛めていた肩をさらに痛めてしまい、腕が上がらない状態となってしまいました。

幸い?なことにシッティングでなら走れないこともなさそうでした
とりあえずバイクを安全な場所に退避させてから落ちたチェーンをハメ直していたところ、対向側からきたスクーターに乗っている女性の方がツルッ・・・(その方は同じように転倒してしまったと思われるバイカーの方に助け起こされておりました
4輪車もずるっずるっと危なっかしく滑りながら走っていきます。

とにもかくにも走れる状態になったので、走行再開しました。
が、しばらく進んでもやってくるはずの登りがないことに疑問を持ってGPSを確認するとルート表示なし。
橋を通って直ぐに左折のところを真っ直ぐ進むというコースミスを犯してしまいました。
 
痛む箇所が他にないか?バイクの挙動がおかしい箇所はないか?などと確認しながら走っていたせいか、もしくは転倒による混乱のせいか・・・まぁ多分両方ですね。

なんともぐったりとした気分になりつつ転倒した橋の近くまでの往復4kmほどを戻ってコース再開・・・するとやってきました凶悪な斜度。
それでも凍結していなかったので痛む脇腹をかばいつつ登っていって少し斜度が緩くなってきて来てほっとしていたところ、前方に押し歩きしている方々が。
はて?押し歩くほどの坂じゃないよな?とか思って近づくと・・・あぁ・・・凍ってるわ。
凍った坂道をトルクコントロールしながら登る技術はないのでバイクから降りて押し歩きです。
(前方にはゆっくりと漕ぎながら登っている凄い人もいました・・・

凍結した坂道はそれほど長くなかったので再びバイクに乗って登坂再開してしばらくすると宮ケ瀬湖に到着しました。


こんな景色凄く久しぶりに見ました。
というか、自転車に乗ってこんな景色を見に来たのは初めてです。
そしてもう二度とないでしょう(苦笑)

さて・・・ここから恐怖の下りです。
正直、下りにここまで恐怖を覚えたのは初めてです。
去年の冷川600の軽井沢で体験したどしゃ降りで冠水&視界数メートルでの下りよりはるかに恐怖でした(-_-)
特に橋に差し掛かるたびにスピードをできるだけ殺して真っ直ぐ進入することだけを考えてました。

そんなこんなで宮ケ瀬湖を下った先の道の駅「清川」のシークレットに8:40頃に到着です。


下りである程度マージンは取り戻したとはいえ、おそらくけーこさんはだいぶ先を走っているずなので、
ここからはちょっと気合を入れ直します!
ダンシングや無理なもがきをしない限り脇腹が痛むことはなかったこと、脚の調子自体は悪くなかったこと、折しもPBPベストを着たたぶんフレッシュの練習をしている団体さんの後ろにつけたという好条件が重なってここからぐんとペースを上げて行けました。

あとやはり重要なのは天気が最高によかったことですね!
富士山もくっきり!


いってこい伊豆高原でどんよりした海も今日はきらきら!



桜(梅?)も満開でさいこー!\(^o^)/




そういえばたぶん小田原から真鶴の間くらいでいーちょさんに抜かれたはずなようですが、さっぱりわかりませんでした(笑)

さて、そんな感じのハイペースで走っていくと真鶴市街の手前あたりで前方に見覚えのある猫ストラップを発見!
ようやっとけーこさんに追いつくことができましたヽ( ´ ∇ ` )ノ

ここから勢いそのままで牽かせてもらい、フレッシュのプチ練習の開始です!\(^o^)/
ここまでのきつさが嘘のようで、やはり誰かと一緒に走るというのは楽しいですね!

しばらく走っていると真鶴旧道のトンネル付近で突然の渋滞に引っかかりました。
いままでここで渋滞に捕まったことがなかったので???と思いつつ進んでいくとどうやら事故のようです。
モーターバイクが横倒しになっていて、つい先程起きた事故のようでなんとも言えない気分になります。
コケて怪我した私がいうのもなんですが、無事でありますように。

やがて熱海市街に入って熱海から網代への登りに入る手前でUターンしてすぐ左折。
・・・そして激坂です。
事前に分かってはいたのですが予想よりきつかったー・・・
単純に斜度があるだけならまだいいのですが、道幅が狭くて路肩なし、そして熱海で開かれていた梅まつりで渋滞。
激坂の途中で止まらざるを得なくなってしまったけれどもクリートをハメる自信がなくて押し歩いたりなどとにかくひどい道でした・・・

どれだけ酷かったか↓の動画で確認してみてください(笑)


折しも熱海付近では陽射しが出てきて体感気温は10℃を超えて汗ばむ暑さでひーこらいって登り切りました(ノ∀`)
登りきった先のPC1は11:55頃に到着しました。
 

ここでけーこさんと私とでPCでの休憩スタイルの違いが判明です。

私はPCではほとんど時間を掛けず補給食をフロントバッグに詰め込んで道中で食べながらだらだら走るスタイルですが、
けーこさんはPCでじっくり補給&休憩をしてリフレッシュするスタイルでした。

どちらが良いというものではなく単なるスタイルの違いですがこれはフレッシュの時に重要な情報になりそうです。


折り返して熱海市街を抜け、真鶴で旧道に登って降りたところでヒロさんと合流。
ヒロさんは真鶴でおいし~いごはんを食べてきたとのこと。うらやまし~ヽ( ´ ∇ ` )ノ

ありがたいことにここから小田原を過ぎたあたりまでヒロさんにずっと引っ張っていただきました。
ここまでで正直ヘロヘロ状態だったので大助かりです m(__)m


国府新宿でR1から離れたところであまりにヘロヘロ状態だった私を見かねて、今度はけーこさんが先頭にチェンジしてくれました。
いやぁ、助けられてばっかりですね自分(ノ∀`) 

けーこさんの引きは凄まじく、交代した途端に大幅ペースアップ!
あっという間にPC2に到着!
時刻は14:43頃でした。


さて、ここではどら焼き、ヨーグルト、プリンとガッツリ補給しました。
実はPC2手前あたりで手足が冷え初めてまして、個人的な感覚ではこれはカロリー不足の兆候です。
道中計算して食べてたつもりでしたが、ここまでの負荷と前半の気温の低さで想定以上に消耗しちゃってたようです。

ここでしっかり休憩したおかげでPCを出てから急速に手足が暖まっていってほっと一息・・・と思ったら行く手にはいやーな雲が。

 
実はR1を走っているときもでしたが、ぽつりぽつりと雨粒が・・・・
けーこさん曰く、今回のブルベではシャーマンが多数参加しているとのこと(笑)
先ほどのPCで某団体の有名シャーマンが到着したから雨が降ってきたらしいです(笑)
まったくブルベライダーのシャーマンはほんと強力な人が多いです!/(^o^)\

スタートからゴールまでずっとアップダウンが続くのがあおば流。


もちろんPC2を過ぎてからも登ったり下ったりです。 
特にPC2を過ぎてからゴールまでは去年の冷川600でヘロヘロになりながら走ってたあたりでちょっと感慨深かったです。

流石に前回とでは状況が違いますがあれだけ苦労した坂もそれほどきつくは感じず、サクサククリアすることができたのはやはり一緒に走る仲間がいるからですね。

厚木の米軍基地の横を通り抜けて・・・

 
最後はおなじみの尾根幹を通って大丸公園に到着しました!


17:30頃にゴールです!


無事にゴール受付を完了してけーこさんや周りの完走者たちとしばしの歓談の後、寒さに耐えきれなくなって退散することにしました。

相変らず脇腹が痛みましたが、脚は驚くほど残っていて北からの追い風もあってサクサクっと帰宅。

帰宅してからごはんを食べて、お風呂に入って怪我の確認。
とりあえず擦過傷や内出血など目に見える外傷はなし。
脇腹もこの時は目立った変化はありませんでした。

とりあえず嘔吐感や寒気、気分の悪さなどはなかったので単なる打撲だろうと推測して別途に横になるとビキっと痛みが・・・
何度か体勢を変えて痛まないポジション?を探していたら疲れからかあっさりと就寝できました。

本来ならここで終わりなんですが、今回はもう少し続きます(ノ∀`)
朝起きると脇腹の痛みは収まらず、左肩も上がらない状態は変わりません。
事前に午前半休を取っていたのでとりあえず経過を見つつバイクを軽く洗浄して破損の有無をチェック。
今回の落車でまたスピードプレイのグリスを注入する蓋のネジが飛んでました・・・
またサイクルキューブさんに行かなきゃorz 

午後になって出勤すると、歩くたびにお腹に響いて痛みが走り、歩く速度は普段の半分もありません。
えっちらおっちら会社にたどり着いたものの、これはヤバイといことで翌日も午前半休を申請。

翌日はだいぶ痛みが引いたもののさすがに不安なので整形外科に行って診てもらいました。
診断の結果、骨に異常はなし。肩の方は健に炎症があるとのことで注射を打ってもらい、脇腹の方は打撲ということでロキソニンテープを処方してもらいました。

効果はばつぐんでいまではほとんど痛みはありません。
次のブルベまであと10日ほど。なんとか回復させたいところです。

前回のあおばもでしたが、今回のあおばもアイスブルベに雨ふって坂もありとまさにあおば!といった感じに波乱に満ちたブルベとなりました。
とはいえ天候さえよければ信号もそこまで多くなく走りやすい道でした。
もう少し暖かくなってからもう一度行ってみたいですね(笑)

あおばのスタッフの皆さんお世話になりました。
今年のあおばのブルベはたぶんこれのみの可能性が高いですが、また実力をつけていつかスーパーシリーズにも参加できたらいいなと思います。
その時はどうかお手柔らかに・・・

さて、次はR東京の花園200です。
今年に入ってから何かツイてないブルベの連続ですが、次こそは楽しく安定した走りをお見せします!

BRM130いってこい伊豆高原300をどうにかこうにか完走できました。

いつもは無事に完走できましたと書いているところですが、今回はいろいろあって無事にとはいきませんでした(T_T)
雨で大変だったこともありますが、ロードバイクに乗り始めて初めての落車を経験しちゃいました。
しかも2回!(T_T)
いやはやほんとに波乱万丈なBRMでしたよ・・・

さて、前の週あたりから土曜の天気は雨の確率が高く一日ずっと雨ならDNSかなと考えてつつ雨対策をいろいろ施していました。


具体的にはサドルバッグとダウンチューブ下ににASS savevrを取り付け、シューズカバーの間に重ねるビニールシューズカバーを作ったりなどなど。
ビニールシューズカバーについてはiwanさんのブログで紹介されていた方法をまんまマネさせてもらいました。
(私の装備の8割はこの方とばっきーさんのブログでできております
ビニールシューズカバーについては本当に効果絶大でした。
鎌倉300や冷川600では水没して足がふやけて、終盤には痛みまで出てきてしまって対策せねばと思っていたのですが、今回の対策で不快感が全くなくて感動ものです!
あ、走り終わった後に脱いだらちゃんと?湿ってましたので300kmくらいで靴下は交換した方がいいと思います(笑)

装備を整えて準備万端といったところで前日に予報を確認すると、夜に雪が降って未明までにはやみ、その後はずっと曇りとなっておりました。
曇りなら朝の気温も極端に下がることはないし、むしろ快適なんじゃ!?と期待が膨らんじゃいます。
というわけで寝る直前の方針は「朝起きて積もってなければ走ろう」というもので、21時頃にお風呂に入って即就寝。
3時半頃に起床して外を眺めると路面は濡れていたけど積もってなさそう。おまけに雨も止んでるっぽい?
これは予想大当たりかな?なんてこの時は喜んでおりました(笑)

当然出走を決めて、朝食を取りながら今日の天候を改めて確認したところ、やはり雨は3時ごろまでで止んで日付が変わるくらいにまた降り出す予報。
しかも風は午後から遅くになるにつれて弱まってくるとなると、これはいよいよ運が向いてきたな?なーんて考えておりました。
まぁその考えは全然甘かったんですけどね(ノ∀`)

ウェアを着込んでそろそろ出発しますか!といったところで外から結構強い雨音が聞こえてきてガックリ。
でもここまで準備したんだからいかない理由はないのでレインウェア、シューズカバーを追加して完全装備!

5時過ぎに出発して5:30頃にスタート地点に到着するとこの雨の中でも走ろうという変わった方が10数人ほどおられました(笑)
ちなみに真鶴200の出走数は13人とのことですからこの時期に300を走ろうなんて人はそれなりの覚悟を決めてる方なんでしょうね。
・・・自分は覚悟なんてなくて天候が回復すると読んだだけですが(ノ∀`)

真っ暗な中、声を掛けて頂いたのが今回初対面のAdiasさんでした!
去年の鰻600で知り合って以来、ツイッター上ではいろいろとやり取りさせて貰ってましたがようやっとお会いできて嬉しい限りです!
なるほどなるほど馬鹿っ速い雰囲気が伝わってくる方でしたよ。(どことなくHideさんに似てる?


さて人数も少ないことからブリーフィングの前に車検を行う変則スケジュールになったようで、ナオキさんに車検をして貰いました\(^o^)/
車検が終って間もなくブリーフィングが開始されて代表から注意点を説明。


今年からスタート地点がアリーナ入口に変わったおかげで入口の庇でスタートするまで雨がしのげるのは非常にありがたかったですヽ( ´ ∇ ` )ノ

ブリーフィングが終って即出発していいよ~とのこと。
GPSのルートをセットして、装備の最終チェックを行い、最後尾で小雨が降る中いざ出発!

まずは武蔵小杉の町中を抜けて南部沿線の裏道を通ってR1にでます。
初見の方にはぐねぐねルートな感じですが個人的にはかなりの頻度で利用するルートなのでいたって順調でした。


振り続ける雨以外は・・・ですけどね(T_T)
正直、すぐに止むだろうと思ってたので割と大誤算でした/(^o^)\

いつもの定点観測ポイントも雨降りです。




途中、ブレーメンの前を通りましたがさすがに雨ざらしの恰好で入るわけにいかないので泣く泣くスルー(T-T)

雨降りのためいつもより負荷が掛かってるけれど、なんだかんだいつも通りのペースでPC1につきそうだなー・・・と気を抜いた時にそれは起きました。

逗子に入ってPC1に向かうための今年の新ルートに入ってしばらく走ったところ・・・
住宅街の一車線の細道を減速して慎重に走っていたのですが、対向車がやってきたので左に寄ったところですってーん!
ちょっとした段差に見事に引っかかって体制を立て直す暇もなくズサー!
雨の中まで走るリスクを取ってればいつか落車しちゃう日が来るかもなーなんって考えてたこともありましたが、まさか今日その日であるとは思いもよりませんでした。

幸いなことにさらに上手く受け身を取ることができたので体はまったくのノーダメージ。
ウェアも破損個所なしなし。
唯一、シフトレバーの先端が擦れてギザギザになっちゃったくらいの信じられないくらい軽微なダメージで済みました。
後ろを走ってた同ブルベ参加者の方も離れていたので巻き込まずにすみました。(驚かせてしまってスミマセン・・・

普段何気なく乗り越えてる段差でも雨だと危険な段差になる・・・わかっていたつもりでしたがわかっていませんでしたね。

とまぁそんなアクシデントを乗り越えてPC1には8:27に到着です。
 

ここからは逗子200とほぼ同じルートですが次のPCは一気に伊豆高原のローソンまでの100kmとなります。
流石に一気に走るには長すぎるし、お昼休憩を挟むだろうということでここはおにぎり1個と飲むヨーグルトで軽く補給して再出発です。

・・・雨は一向に止む気配がありません(T_T)
 
それでも真鶴の海はイイですね!
 



どんよりな空だといつもはキラキラな海もどんよりで楽しくありません


熱海桜(梅か?)は満開を過ぎて散り始めていました。



そうそう。そういえば熱海で有名なコレですが、実は意識して見たのはこれが初めてでした(笑)
他の方のブログ等で写真を見てルート上かちょっと脇に逸れたくらいにあるんだろうなという認識で、実はどこにあるのかわかっていませんでした。
実はすぐそばにあったんですね・・・/(^o^)\

そして、熱海を過ぎてトンネル回避の脇道ルートの3つ目でした・・・
下り基調でトンネルから脇道に入ろうとしたところでいきなり視界が反転。
一瞬で天を仰いだところで2回目の落車だと認識して呆然と一言・・・「マジかよー・・・」

熱海城を過ぎた3つ目の迂回ルートは脇道に入るちょうど境目のところにグレーチングがあるんですが、見事にやってしまいました。
倒れたまんまで自分の余りの学習能力のなさにやるせなさがこみ上げてきました・・・

そのまま雨に打たれ続けるわけにもいかないので、のろのろ起き上がってバイクと体に問題がないかチェックを始めました。
二回目の落車時も減速していたんですがさすがにノーダメージとはいきませんでした。
バイクはペダルの側面をこすってグリス注入穴の蓋とネジが破損。
ウェアはレインパンツの左膝部分に穴。シューズカバーにも穴。
身体的には左手の掌を打って打撲。左膝をこすって擦過傷。
といった具合でした。
何より2度も続けて落車という精神的ダメージが何より大きくてDNFが頭をよぎりました。

ただ幸運にも2度の落車においても落ち方がよかったのか骨やスジに異常はなく、バイクもフレームやコンポ、ブレーキ等には問題はまったくなく、走行不能な状態にはなりませんでした。
あと、2度の落車にも耐えたFineTrackのレインウェアとSHIMANO GOA-TEX手袋の耐久性には大変感謝です。これに穴が開いていたらDNFしてたでしょうね。

一通りのチェックと応急処置を済ませてから、ここでじっとしていてもしょうがないしDNFするにしても街まで行かなけりゃなのでまずは網代を目指すことにしました。

網代にたどり着いてとき、ちょうどお昼時でさらに逗子200で寄ったラーメン屋さんが見えて来たので迷わず入って長時間休憩に入ります。
ここでラーメンを食べつつあらためて体の異常がないか、この天候で走るために致命的な要素がないかを確認してDNFするか判断することにしました。
とりあえず膝の擦過傷の痛みは我慢できるレベル、掌は湿布を張ってハンドルへの置き方で痛みを抑えられsぴ、バイクも走行可能。
最大の問題点であるモチベーションについては、これが美味いラーメンを食べたらむくりむくりと湧き上がってきちゃった・・・


ってなわけで走らない理由がなくなっちゃったので走行再開しちゃいました(笑)

網代を抜けて直ぐに間瀬に到着です。

あぁ・・・いちご大福に熱いお茶。ついでにメイヤーもゲット・・・
などなど頭をよぎりましたがぐちゃぐちゃの恰好で入れるお店じゃありませんので写真だけ撮って後ろ髪ひかれながらも先に進むことにしました(´Д⊂

網代を過ぎて伊東に差し掛かってきたところで先頭を走ってる方とボチボチスライドしていきます。
先頭を走っていったのはAdiasさん。
うーん、さすがに早い!
いってこいルートはこういったエールを交わせるので楽しいですねヽ( ´ ∇ ` )ノ

さて、雨は降ったりやんだりを繰り返して路面は常に濡れている状態でしたが、幸いにもどしゃ降りになることもなく破れた箇所から浸水することはありませんでした。

風はこの頃がピークで川奈の登り坂手前の海もこの時はシケ状態。
帰りの向かい風がきつそうだなぁと思いつつK109をえっちらおっちら登り始めます。

掌が痛いのでシッティングのみでとろとろと登って下ってまた登るとPC2に到着しました。


レシートの打刻時間は14:44

ラーメンを食べたばかりだし、小雨も降り続いている中で冷えるのを嫌って補給もそこそこにすぐさま出発しちゃいました。
 
川奈の坂を下りきると雨が止んで海も若干穏やかな感じです。



路面も乾き始めていたので汐吹公園でXバンドレーダーと雨雲予報を確認。
どうやらこの先しばらくは雨が降らないようなので意を決してレインパンツを脱ぎます。
ストレッチ素材を使ったぺダリングへの負担が軽いといわれるモンベルのサイクルレインパンツですが、それでも負担は大きく自分の体感だとギア1枚分以上は重く感じていました。
レインパンツから解放された瞬間といったら大リーグ養成ギブスを脱いだ星飛雄馬はこんな気分だったのか! とかくだらないことを考えてました(笑)

おまけに復路は強い向かい風かなーと思いきやそれほどでもなくて、ようやっと走るのが楽しくなってきましたΨ( ̄∇ ̄)Ψ
そんな感じで飛ばしていたら真鶴を過ぎたあたりで異変が・・・
そう胃がやられてしまいました。西住之江ローソンを過ぎた
いや兆候は前から感じていたし、ここまで10時間くらいずっと高強度&高心拍数だったのでやばいかなーとは思っていたんです。
思ってはいたけど特に何も対処せず走り続けた間抜けの結果がこれでした(´・ω・`)
冷川でさんざん辛酸をなめたのが生かされてませんね~。

ということで、ここからは心拍数とにらめっこしながら薬局を探す走行にチェンジしました。
暫く走っていくと幸いなことに大磯の手前あたりで薬局を発見してご主人に強烈に聞くよ!とお墨付きの胃薬を購入できました。

そんなこんなでだましだまし走りつつPC3には20:47に到着。


何人かの参加者の方がまったりと晩御飯を食べておられました。
当方は胃の気持ち悪さは収まってきたものの、とてもガッツリ食べれるような状態ではありません(´・ω・`)
そんなときの最終手段はブルベライダーみんな大好きプリンとヨーグルト!
ま、これで残りの40kmはもつでしょってことで再出発!

日付が変わるぐらいにまた降り始めるかも? みたいな前日の予報だったので胃の調子を見つつペースアップ!
早川口から逗子までずっと抑え気味に来てたので、脚はがっつり残っております!( ̄ー ̄)b
気持ちにもだいぶ余裕がでてきたのでここでようやっと写真を撮りつつのいつものペースに戻った感じがします(笑)

結局行けなかったブレーメンを横目にしつつ・・・



すごく雰囲気のいい夜の赤レンガ倉庫と


観覧車。


そういえば観覧車はいつも光量が足らずぶれぶれだったのが今回初めてまともに撮れたかも(笑)

R1号に入ってしばらく走っていると・・・


プライムナウ!
これ小型ワゴンで直接配達してたんですね。てっきりバイク便とか使ってるんだと思ってましたヽ( ´ ∇ ` )ノ


ここまで来るともう目と鼻の先なんですが、ここの前を通るたびに寄ってひとっぷろ浴びたくなってしかたありません!

そうそう逗子からここまで向かい風を予想していましたが、意外と大したことがなくって凄く快適に走ることができてびっくり。
去年の同ブルベは逗子を過ぎてから猛烈な逆風で泣きそうになりながらゴールしていたんですけどね(笑)



ってなわけで最後まで脚が売り切れることがなく23:41にGoal!
 


レシートを受け取っていつものゴール受付のファミレスに入って無事に完走認定を受けることができましたヽ( ´ ∇ ` )ノ


300のメダルもその場でゲットです!


今回は久々の雨走行でたっぷりと経験値を稼がせてもらいました。
特に装備に関しては完璧! この気温で雨という劣悪な条件でも寒さをまったく感じませんでした。
先輩たちの情報にはほんとに感謝しきりです。

さて・・・たっぷりと勉強させてもらった代わりに支払った代金も大きなものになりそうです・・・

2回の落車でバイク&装備の損傷は以下の通り
1.SpeedPlayのグリス注入穴の付近が破壊&変形


2.シフターのゴムカバー&プラスチックカバーにキズ





3.モンベル ストレッチレインパンツの膝部分に大穴2つ


痛いのは1番と3番。
SpeedPlayの方は蓋が取れたというレベルではなく周辺丸ごとごっそり削れてる感じで、反対側の無事な蓋取り出してはめてみたけどダメでした(ノ∀`)
モンベルの方はばっきーさんからショップに持っていったら修理可能かもよ?と助言を頂いたのでちょっと診てもらおうと思います。

次はVCR横浜あおばのBRM207伊豆なのでSpeedPlayの修理や体の治癒がままならなければそして雨が降ったら確実にDNSですね。
今のところ出る気は満々ではありますが(笑)

最後にR東京スタッフのみなさんお世話になりました。
次の花園もよろしくおねがいします!

あと落車とつぶやいて心配させてしまいすみませんでした。
次はノートラブルを心掛けてしっかり集中して走りたいと思います!

↑このページのトップヘ