かねさだの自転車日記

神奈川のにわかローディの雑記です 主に南に向かって走ってます (北は山だし・・・)

2015年07月

さて、今年も半分を過ぎて、後半の走行計画を立ててみました。

0711 第3回みかん自転車部イベントライド:秩父探訪・・・雨天中止
BRM801 東京200 金太郎ナイト・・・応募〆(ノ∀`)
0809~0810 武蔵小杉~富山帰省ライド
BRM822 東京200 富士山中湖・・・エントリー済み
BRM0926 たまがわ 定峰200・・・エントリー日不明(8月?)
BRM1003 東京200 道坂トンネル・・・9/1(火)21:00エントリー開始
BRM1024 神奈川300 伊豆・・・8/1(土)エントリー開始

ブルベはとりあえず4本を予定。定峰200と道坂トンネルはどっちかに参加といったところでしょうか。
秩父はナラさん発起のあの花聖地探訪。
あの花は友人宅の飲み会で流れてたのを見たくらいでEND付近は酔っぱらってどういう結末だったかよくわかってなったりw
個人的には初めて登る山伏峠など道中や秩父の温泉が楽しみ!

東京200 富士山中湖はブルベでお世話になっているナオキさん主催ということでいまからワクワクが止まりません!
今年最後のブルベは神奈川 伊豆300を予定。神奈川で始まって神奈川で終わる一年になりそうです。

あと大物?なのは夏休みの帰省ライドでしょうか。
ブルベなどロングライドをするようになって、あれ?富山って自転車で帰れる距離なんじゃね?(※距離感ぶっ壊れてます)
とか思い始めてルートを引いてみたら、440kmほど。これなら1泊2日で200km×2 おお、いけるじゃん?みたいな感じで計画中。
帰りは輪行にしたいけど帰省ラッシュで輪行袋を乗せられるかどうか・・・。
まぁ、切符を予約して最後尾が確保できたら考えるとしましょうかね。
そういや大学時代、原チャで金沢→群馬に帰省したヤツに無茶してんなぁなんて苦笑してたなぁ・・・なんというブーメラン

他にも秋口から寒くなり切る前にしまなみ海岸に行ってみたいなー(ナラさんに向けてチラッチラッ 
なんて感じで後半もいっぱい乗りたいですね!

走行再開してからすぐにチェーンがキュルキュルと鳴っているのに気が付きました。
どうやらここまでの雨でオイルがすっかり流されたようです。。。ここまで気が付かないくらい疲弊してたということでしょうか。
まぁ、雨でチェーンオイルが流されるのは鎌倉300で経験済みなので、あらかじめ醤油差しに詰めておいたオイルを注入して解決ヽ( ´ ∇ ` )ノ

さてさてエクストリームな状況が終り、ここからは平坦基調なのでだましだまし行けばとりあえずは興津まで行けるだろうと思った矢先に、次なる問題が。
いってこいサッタ峠でさんざん苦しめられた睡魔が再出発早々にやってきちゃいました・・・
サッタ峠の場合は明け方手前から睡魔が襲ってきて、明け方でピークになって、でももう少しでゴールだしなんとかなるだろうと甘い考えで睡魔に耐えながらヘロヘロになって心が折れそうになりながらのゴールしたあの苦い思い出が蘇ってくる( ゚ρ゚ )

その後何回かオーバーナイトで走った経験で睡魔に襲われたら5分仮眠を取る!ということを学びました。
たった5分、でもこれで劇的にパフォーマンスが改善しちゃうんだから人体は不思議なもんです。
結果、20kmほど走っては5分寝てまた走ってを繰り返してなんとか睡魔をやり過ごす。
いやぁ、いろんなところで寝ましたね。
多かったのはコンビニの駐車場で人目につかないところでゴロン。
あと、いわゆる帝国ホテルにも泊まりましたw 屋根と壁とベンチがあるのって最高ですね!(^O^)/
そうそう、この睡魔に襲われている時間帯に雨が降らなかったことが完走できた要因のひとつなのかも。
いろいろエクストリームな状況だったけど、限界ギリギリのところで運がよかったということでしょうか。





晴れて快適な状況も身延を過ぎたあたりまででした。
日が昇ってきていよいよ眠気マックスといったところで再びの雨。
再びコンビニに入って軍手にビニール手袋を装着。
どしゃ降りというよりしとしとと降り続けるまさに梅雨といった感じの雨の中で陰鬱な気持ちになりそうなところを周りの絶景にて気を紛らわす。





そして次なる試練が与えられるのでした。

興津までへの最後の難関である富士見峠を登っていくと、だんだん気持ち悪くなっていって、吐き気をもよおしてくる・・・
ここで戻しちゃったら絶対に折れると思って慌てて降りて、押し歩きに変更。
ところが吐き気は収まりません。
仕方がないので、しばらくじっとしてると楽になってきます。
どうやら心拍120bpmを超えると気持ち悪くなる模様で、
まずは気分を落ち着けるために渓谷の景色をゆっくり眺めながら時間ギリギリまで休憩。
ギリギリまで休憩した後、心拍数とにらめっこしながらえっちらおっちら時間をかけて押し歩き。
脚は十分に残ってる感じだったので、この時間帯は非常にもどかしくって、一番つらい時間帯だったかも。

貯金がほぼゼロになっていよいよヤバイ状況になったので、ピークまで残り500mといったところから気合で漕いで登りきりました。
ここから興津までは下りなのでもういっぱいいっぱいだー!とか思いながらダウンヒル。

幸いにも下ってる間に吐き気が弱まってきて、あとは胃薬とかぶち込めばなんとかなる!と思って開いてるドラッグストアを探しながら走ってましたが、午前9時で空いてるところってなさそうだなーとしょんぼり。
まぁ、コンビニでキャベジンでも買うかーと思ってたところに開店してる大型ドラッグストアを発見!
さらに幸いなことに薬剤師さんがいるとのことで、症状を詳しく説明してオススメの胃薬を購入。
これが効果覿面!
吐き気が一気に収まって、PC5に到着するころにはなんと固形物も食べられそうな感じまで回復しましたヽ( ´ ∇ ` )ノ

PC5へは8:38に到着。ぎりぎりで富士見峠を超えた割には貯金は30分ほどと悪くない感じ。
そして、ここからは知ってる道なのでモノさえ食べられればなんとかなる!ということで、たまごスープにおにぎりを突っ込んで即席のお茶漬けをゆっくり時間を掛けての食事。吐き気もまったくなく脚もしばらく使わなかった状態なのでかなりフレッシュ。ひょっとしたら完走いけるかも?みたいな希望が出てきました。(^O^)/

雨は興津に入る直前くらいで上がってて路面も乾いてる、tenki.jpの予報をみる限りでは沼津~熱海あたりまで雨はなさげな感じ?で、
暑くなってきたのでレインウェアを脱いでサドルバッグに収納していざ再出発しようとしたところに時間ぎりぎりで飛び込んできた方が。
自分最後尾だと思ってたのですごくびっくり!
聞けば、タイヤがバーストし掛けててだましだましここまで来られたのだとか。チューブラーということでここで交換してから出発するとのこと。
その後一度も会ってなかったけど、無事に走れたのかな。



駿河健康ランドの前を通った時は後ろ髪ひかれつつも、完走できるかもしれないという希望もあったので前へ前へ。
とりあえず平均速度15km/hを維持できりゃーいいやなーんて思ってたところでポツリポツリと雨粒が・・・/(^O^)\
レーダーをみるとちょうど興津の方から沼津の方に向って雨雲が伸びつつあるようで、だらけた精神に気合をぶち込んで雨から逃げるべく(自分なりの)全力走行!
結果、沼津で捕まっちゃいました/(^O^)\
天気予報のうそつきー!!!!

流石に雨具無しは無理そうな雨量だったので再びレインウェア、軍手、ビニール手袋を装着!
結局、ここから熱海あたりまで降られましたよトホホ。装備を整えるために雨から逃げた全力走行でのマージンも消え去ってさらにトホホ

雨で再び気分がダウンになりつつも迫る冷川峠に向けて脚を温存しつつ平坦区間を一定ペースで巡航していきます。
時折襲ってくる強烈な眠気にはダンシングで気合を注入して無理矢理目覚ましです。

修善寺付近に入って徐々に登り成分が増えてきて、そろそろ冷川峠に入ろうかというところでコンビニに入って補給。
お腹の調子はまずまずだったけど、あんまり固形物を食べたい気分でもなかったのでプリンをかきこんでボトルにはコーラを補充。

相変わらずの雨の中、最後の難関である冷川峠をえっちらおっちらと登坂。
これまでさんざん苦しめられた睡魔も登りと下りはアドレナリンの影響か、はたまたコーラのカフェインによるものか鳴りを潜めて割と順調に登頂。 
正直、写真を撮る余裕は全くなかったけど、せっかく登ったということで一枚w

 
下りは勾配が急で雨で濡れている&道幅も狭いということで最大限の注意を払ってゆっくりダウンヒル。
おかげで予想以上に貯金ができず、ギリギリ隊入隊の予感!

PC6へは14:26に到着。
クローズまで残り14分というまさにギリギリ隊!
でも、まぁ、ここからは勝手知ったるR東京、AJ神奈川等のブルベ王道コース。
15km/h維持してりゃーなんとかなるさーということで貯金がゼロになるまで休憩してから出発。
だけど、ここまで500kmほど走ってきてから伊豆~小田原への4つのアップダウンは堪えました(ノ∀`)
特に真鶴付近での旧道は意外と車が多くて、しかもかなりのスピードで真横をすれ違っていくので精神的にも堪えました( ゚ρ゚ )
それでも早川口に入って小田原からR1に入ると、あぁ帰ってきたなあなんて不思議な感慨が出てきて幾分か心の余裕が出てきます。

ちょうど雨も上がって、貯金も30分ほどに増えて、おおこりゃ行けるんジャン?みたいな気分も上々!
といったところでまたもや問題が。
・・・お腹が痛い!
もう少しで国府新宿の交叉点からR1を離脱しようかといった時点で耐え難い腹痛が発生。
慌てて見つけたコンビニに飛び込んで事なきを得たけど、ここで20分以上のロス。

貯金が残り10分ほどに減って、これ以上のアクシデントはDNFに直結するヤバさ。
まぁでも残り60kmもあって脚もまだある。信号が増えてくるとはいえ峠はないからイーブンペース余裕だろ。
なーんて相模原に入るまでは気楽に考えてました・・・

途中、イタリア国旗を取り出してアレアレアレ!というエールをスタッフ?の方から頂いてめっちゃ楽しい気分になった直後の残り55kmから、なんじゃこらー!!!と思わず叫びたくなる急勾配のアップダウンの連続。そして織り交ざる信号峠。
脚が削られる上にペース落ちまくりで15km/hを維持するのがやっと。
貯金は減りはしないが、増えもしない。
なるほど・・・VCR横浜あおばは最期までVCR横浜あおばということか・・・なんて慄きつつも、頂いたエールを力に変えて前進。



えっちらおっちらアップダウンをこなしていくと、そこには見慣れた風景が。

 
暗くてよくわからなかったけど、どうやら尾根幹に着いたようでここからは相模湖へ行くためにちょくちょく使ってるルートできついアップダウンがようやく終わったということでようやっとゴールを確信。
残りの数キロでこれまでの道のりを思い出しながらこれまで以上にまったり走行。



ゴールである大丸公園に21:45到着。
認定タイムは39時間48分。
なんとかかんとか走りきることができました。
当然、私が最終ランナーでしたヽ( ´ ∇ ` )ノ
(その後に反射ベストを着た方が大丸公園に向ったような気がしたけど・・・)

スタッフの方と軽くおしゃべりをしてから帰途へ。
帰りを自走するか輪行にするか迷ったけれど、やはり早く家に帰りたいなということで輪行に決定。
ざっくりバイクを拭いて泥を落としてパッキングして南武線で帰宅。
23時ごろに家について全て終了。


道中、応援して頂いた方々には感謝しきれません。ほんとうに力が湧いてきました!
VCR横浜あおばのスタッフの方々お世話になりました。
時間ギリまで待たせてしまってすみません(ノ∀`)

ちょうど一年前にロングライダースを読んでロードバイクに乗り始め、
ランドヌール誌を読んで憧れたブルベの世界に飛び込んで1年目にしてSRを取得できるとは夢にも思いませんでした。
それもこれもこの世界に飛び込んで出会えた素晴らしい方々のおかげだと思います。
この場にてお礼を申し上げます。
そして、これからも宜しくお願いします!!

さーって、次はどこを走ろうかなー

↑このページのトップヘ