無事、鎌倉300を完走できました!

・前泊
翌日朝が雨ということで前泊に決定。
これが大正解。
輪行袋のアンパックもホテルのロビーを借りさせてもらえて、濡れることも冷えることなくスタート地点へ。

・スタート
6時くらいに雨は止むという予報は大外れ。
止む気配が全くないまま、地下通路でのブリーフィングでしたが、参加者は・・・30人もいなかったような。
まぁ、こんな天候で走る自転車馬鹿はそうそういませんわな(笑)
とにかく事故に気を付けて、マイペースで行ってくださいねと冷たい雨の中暖かい言葉を頂いて出発!

・雨対策
えー、ぶっちゃけ雨をなめてました。小雨だし、すぐに上がるだろうと夏用ウィンドブレーカーでスタート。
走り出してすぐに跳ね上げる泥水でお尻が濡れ始め、
手袋と靴下も雨水がジワリジワリと浸み出して来る。
あぁ、やばい。このままだとDNFだわ・・・
ということで、コンビニ緊急ピットイン。
まずはウィンドブレーカーをちゃんとしたレインウェアに着替え。(持ってるなら最初から使えよ!とスタート前の自分に突っ込みたい)
続いて、足元は大きめのコンビニ袋を貰って履いて足首あたりにガムテで固定。
手袋は輪行用に手が汚れるのを防ぐために持ち歩いてた100均の薄手のナイロン手袋をフルフィンガーの手袋の上に強引に被せる。
親指と人差し指の間が破けたのでこれもガムテで補強。
結局30分以上かけてなんとか走れそうな状態に。
他のベテランの方だったら出発前にやっておけよと言われそう(苦笑)

ようやっと浸水の心配がなくなったところが、 
いつもと同じくらいのスピードを出すのに心拍数が10以上上がる
あー、レインパンツってこんなに抵抗合ったのね~・・・ 

・熱海の桜
雨がようやっと上がってきて(でも路面はまだ濡れてる)ようやっと調子が上がり始めたところで満開の桜!
例年、3月末に元住吉公園付近の桜を見に行くんだけど、今年は一足先に堪能できて満足満足。




・伊豆高原の先
伊豆高原のローソンに来るのは今年に入ってもう4回目になるのかな?
ここまではもう慣れたもの(というか飽きてきた)で、序盤のタイムロスもほぼ解消。
さて、ここからが未知の道。
コースプロフィールを見るとここからの50kmは平坦が少なく、常に登っているか下っているか。
どうも自分はだらだらと続く緩い登りがめちゃめちゃ苦手なようで、だいぶ脚を削られました。

それでも、時折見せる絶景は、遠くまで来た甲斐があったなぁと。


今回、数少ない晴れ間の絶景!

 
と、絶景に気を良くしてたのもつかの間。
キュルキュルと後ろからなにやら不快な音が。
ハイ、チェーンの油切れでした。
実はチェーンの油が切れたのは初めての体験でした。
今までは雨降ってたら基本的に走らなかったし、晴れ予報での雨に振られたこともあったけど、
ほんの一時的なものでしたから。 
こんなに音がでるもんなんですねぇ。
そして、持ってきてよかった醤油差し。
先人たちのブログ等を読み漁った成果がでましたヽ(´▽`)ノ

・下賀茂の菜の花

 ようやっと折り返し地点が見えてきたところに広がっていた菜の花畑はことさら綺麗に見えましたヽ( ´ ∇ ` )ノ
だいぶ暖かくなってきて、できることならここでずーーっと眺めていたかった・・・
まぁ、お腹すいてたのでさっさとPC3にいきましたけど(笑)

・きつくなってきた復路

 往路は非常に快調で終電帰りの目標である18km/hを維持できたのですが、それは強烈な追い風があればこそ。
つまり復路は・・・激しい向かい風でした( ゚ρ゚ )
下り坂なのに漕がないと進まないというめったに味わえない状況を経験しました。
風はめまぐるしく方向を変えてハンドル取られまくり。危なくてガードレールからかなり離れて走っていたけど一瞬の横風に押されてガードレールに接触。危うく立ちごけするところ。弱虫ペダルの今泉君のようにがりがり削りながら走るのは無理でした(笑)
あと白浜海岸の砂嵐もつらかったなぁ。ここら辺はつらい思い出しかなかったですハイ。

往路で楽々?登ってた坂も復路は風の抵抗も相まって、へろへろ状態。
完全に脚を使い切っちゃってようやっとPC4のローソン伊豆高原店に到着。
この時点で終電の目安の23時まで残り5時間ちょいだったので終電を断念。
ヘトヘトだったので、ここでがっつり休憩。

・再びの雨
 ガッツリ休憩のおかげでそれほど辛くもなくもう何度も通った網代~熱海~真鶴をまったり走行。
辺りは真っ暗な状態でポツリほほにあたる水滴・・・イヤーンな感じ。


PC5のセブンイレブン真鶴店の少し前くらいから霧雨に変わってきて、Xバンドレーダーで見ると静岡あたりから徐々にきつそうな雨雲が迫ってました。雨雲予想の情報を見ると、0時過ぎくらいには逗子にやってくるっぽい。
PC5で補給を兼ねて15分くらいの休憩を入れようと思ってたんですが、急遽補給食を購入するだけにとどめて出発。
その後、小田原あたりで霧雨から小雨に切り替わってきたところで再度、レインウェアを着用。ここでまた10分くらいのロス。
まぁ、ここまできたら完走すればなんでもいいやって感じでしたけどね(ノ∀`)

・ゴール
結局、本降りになることもなく、大磯あたりで脱いじゃいました。
あとは淡々とゴールの逗子に向って走ります。
そういや湘南バイパス?付近の2車線化工事が終わったようで、夜遅いこともあって初めて渋滞なしの快適な走行ができました。
特に問題もなくゴールであるマック逗子店に到着。
 
暖かいコーヒーに砂糖を3本投入して2階へいくと・・・誰もいない!(゚□゚;)
あ、あれ?スタッフさんもうマックを引き上げたのか?
たしか閉店後は近くの笑笑で受け付けるんだっけ?
・・・近くに笑笑なんてないぞ!?
ううーむとその場で10分ほど悩んでから、とりあえず外にでて近くの居酒屋を探してみるかーと、階段まで戻ると・・・あ、3Fがあるんじゃん
そういえばBRM104逗子200のときも迷った覚えが・・・(笑)
 
そのあと、無事に完走認定を貰って、軽く挨拶をしてマックを後に・・・

・始発まで魚民で
さて、始発までどこかで時間を潰さないとだけど、雨が降るかもしれない中で自転車を外におきっぱにしたくないなぁとということで、
近くのコンビニで輪行袋にパッキング。
コンビニで雑巾を買って、ドロドロのバイクをかるーくお掃除してからパッキング完了。
 
さて、どこで時間を潰そうか・・・目の前には飲み屋っぽいカラオケ屋、松屋。うーん、どっちも長時間居るには辛いところ。
軽く24h開いてる店をググると魚民を発見。始発の5時まで開いてるとのことで、店に入るとAJ神奈川スタッフの皆さんが!(゚□゚;)
・・・笑笑じゃなくって魚民なんじゃーん!(ノ∀`)
 
そして、おつかれさまー!と歓迎をうけて、打ち上げでもしてるのかな?と同じ席に座らせてもらうと、
それじゃブルベカードを出してください!と あれ?もしかして勘違いされて・・・る?(・.・;)
どうやら1名走り続けてる方がいるようで、その方と勘違いされたみたい(笑)
それから最終走者の方を待ちつつ、スタッフの方々とまったりおしゃべり。
当日実装されたスタッフの方もいて、今日は風がきつかったねーとか、いやいや追い風400はもっとつらかった!など苦労話に花が咲きました(笑)
そうこうしてるウチに制限時間が迫ってきて・・・まさにギリギリのギリギリで最終走者がゴール!
走者の方も、スタッフの方も皆安堵の表情が印象的でしたヽ( ´ ∇ ` )ノ
聞けば、私と同じく今年から始めた方で、200はパンクの神様が降臨されてDNF。今回の300が初完走なのだとか。
もう途中しんどすぎて崖から飛び降りて楽になりたい!って思いながら走ってましたとそれはもう嬉しそうに笑いながら言ってました(笑)

最後の走者がゴールされたところでAJ神奈川スタッフの方が引き揚げられ、
最終走者の方も自走で帰られたので、2階の奥の部屋に移動させてもらって始発まで仮眠することに。
あとは始発の横須賀線で武蔵小杉に到着して、6時過ぎに帰宅。
軽くシャワーを浴びて、ビールを開けて完走の祝杯・・・を上げたところで意識がなくなりました(笑)
(お昼ごろに起きると半分以上残った生ぬるいビールが・・・(ノ∀`))

さて、お次はいよいよオーバーナイト。
ブルベ界隈ではひとつのカベとされる400kmです。
当然、そんな距離走ったことない!
なんて感じでビクビクしながら少しでも楽をできるように輪行ポイントをチェック!
・・・ではなくローラー台を回してますヽ(´▽`)ノ
これを完走できたらまた一歩SRに近づけるので、準備を万全にして臨みたいところ。

あと、今回は参加人数が少なく、あんまり参加者の方とおしゃべりできなかったのが心残りだったので、
次のBRM328東京300 いってこい駿河サッタ峠ではがっつり休憩を取って、いろんな方とコンビニで語らいたいものです(笑)

最後に、AJ神奈川のスタッフの皆さんに感謝を!
魚民でいろんなお話を聞けて楽しい一時でした!

さー、次はどんなアクシデントがまってるのやら(笑)

おっと、
BRM104逗子200



BRM207伊豆高原300


のブルベカードと完走メダルが届きましたヽ(´▽`)ノ
特に初ブルベの逗子200は腰痛を押してでた甲斐があったなぁと思い出すに感激もひとしおです!

400、そして600も走りきって、また新たな感動が得られればなぁということで、
次回に向けて気合を入れなおしです!