かねさだの自転車日記

神奈川のにわかローディの雑記です 主に南に向かって走ってます (北は山だし・・・)

2015年01月



こんな感じで準備完了です!

今回は降水確率10%ということで、雨具はなし。
輪行セットだけもっていって、どうにもならなかったらDNFで。



先日届いたRS81-C24はお預け。
だって・・・いまめっちゃ雪降ってるんだもん(笑)

というか、明日走れるのかしら・・・

日曜はブルベ装備とPC1までのルートの確認で逗子までひとっぱしり行ってきました。
2、3コースミスをしたけど特に問題なし。今回は中原街道を使わないので気が楽だ(笑)

3時間弱くらいで逗子に到着。自分としてはまずまずのペース。
さて、ここからどこに向おうかなと少しかんがえたけど、江の島方面はマラソンで交通規制があるらしいので、
ホームコースだと思ってる三浦半島を南下することに決定。

そうだ、どうせだったら前回のブルベで食べられなかったものを食べに行こう!
ということで、まずは葉山のコロッケを食べにいくことに。


揚げたてコロッケでころもサクサク、中はあつあっつ。非常に美味でした。
そりゃトンビも狙うよね(笑)


もっと買えばよかったなぁと小腹を空かした道中で後悔したほどでした(笑)


この日の富士山はまるで宙に浮いてるようでなかなか幻想的でしたな。

さてさて、来週のブルベに向けてある程度トレーニングもしておきたいなーということで、前回のブルベコースをなぞることにして、
林交差点から県道214号線に向ってから三崎に向うことに。
いい感じで脚が回ってる。やはり、2日前くらいに走っておくと非常に調子がいいようだ。

さて、お次はフジモト商店のシュークリーム!
これも前回のブルベでは食べられなかった一品。
ここで豆大福もあってかなり迷った(笑)
ウマウマとシュークリームを食べつつ景色を眺めていくと、ローディがわんさか来る来る。
20人くらいの集団もいて、どっかの団体が練習会でもしてたのかなぁ。

時間も12時に差し掛かってきて、シュークリームだけじゃ満足できないなぁということで、
本日のメインであるちりとてんに到着。

 
ここのまぐろ丼セットを食べてみたかったのよー!(笑)
しかし、さっきのシュークリームが微妙におなかに残ってたので、どんぶり2つも食えるのかなぁ思いながら注文。
ちょうど激混みのところに入ったようで、30分ほどまって到着!

 
お、なんだこれどんぶりというよりお茶碗だね(笑)
心配してたほどの量もなく、ペロリと平らげました。
あぁ、漬け丼もあぶりマグロもおいしかったぁ!

満腹になったおなかをさすりつつ、時間を確認すると1時過ぎ。
暗くなるとめんどうだし、復路は心拍の維持とか考えず可能な限り飛ばすことにしてたら、前回暗くて写真とれなかった赤レンガ倉庫もばっちり撮れました。


自宅にもなんとか暗くなる前に帰れました~

距離:148.97km
平均速度:15.3km/h
平均心拍:134bpm 

さー、土曜はいよいよ初の300km。
晴れるといいなー(この時点で前日に雪の予報だけど・・・)

これでした


ざっくりサイドカットしちゃってチューブがはみ出ちゃてる。
この間の聖地探訪でよくパンクしなかったなぁ・・・(苦笑) 

このタイヤ買ってからまだ1000kmしか走ってないのになぁ(泣)
しかたないので、このタイヤはローラー台用にしよう。

コンチはトレッドよりサイドカットでだめになると聞いたことがあるけど、
それにして早すぎた・・・
ただ、それも乗り方というか、ちゃんと段差を避けて走らないとという教訓というか、高い授業料を払ったということで。
今度からちゃんと気をつけよう! 

ブルベ前に一回くらい本格的な峠に行っておかないとかなぁと最近思い始めていて、んじゃヤビツあたりにでも行ってみようかと計画してみたはいいけど、ツイートで道志みちが完全凍結!とあって、同じような地域にあるヤビツもアウトかなぁ別のルートを検討してところに、
友人のナラさんから「鷲宮神社にいくってヴぁ!」(言ってない)とありがたいお誘いが。

思えばサイクリングといえば三浦半島といった感じで南にばかり行ってるため、北の方を開拓するイイ機会。
しかも、らきすたの聖地巡礼とならばいくしかない。

荻窪でナラさんと合流し、まずは氷川神社を目指すとのこと。
今回はコースデータをまったく用意していなかったのでナラさん先導の元、北へ北へ


ぶっちゃけどこをどう走ってるかわからず、気がついたら埼玉に入ってた。
てか、杉並から埼玉に入るまでは10kmもなかったんだね。

初めて見る荒川のデカさと釣り人の多さに驚きつつさらにさらに北へ


荒川をすぎてからは街中をまったりとポタリング。
いつもはサイコンのペースと心拍とをにらめっこしながら走ってるからこういう街中をまったり走る楽しさを再認識って感じ。
 

ってなわけでやってまいりました氷川神社。
ナラさんの説明によると、全国の氷川神社の総元締めなんだとか。
途中にいくつかあった同名の神社は分祀されたものなんだとか。







ご利益はわかってないけど、今後の自転車安全を祈願。
・・・ところで神聖な場所にレーパンはいいのだろうか(笑)
そして、いま思い返すとお参りする時にもキャップかぶりっぱだった(苦笑)

さくっとお参りをしてから次は本命の鷲宮神社。
ここまでずっと曳いてもらったので次までは自分が引くよといったはいいが、
Garminのナビに任せたのが運の尽き(笑)
一般道設定とかなにそれな路地を選びまくり、曲がりまくりオイオイ。
おまけに正午になるにつれて北からの風がどんどん強くなってくる。
さらに不規則に横風にかわる。
橋の上で急に横風になってふらついたき隣を抜ける車がいなくってほんとよかった・・・
氷川神社から鷲宮神社まで20kmくらい?なので1時間ちょいもあればつけるかな?なんてアマすぎる考えでした(ノ∀`)

途中の県道3号線は路側帯が狭い割に大型車がものすごいスピードで脇を抜けていくので、あまりの怖さから脇道に入るとお約束的に迷子(笑)
でもそのお影絵でらきすたの壁画?を発見!


いやぁ、聖地って感じがします(笑)
ところで、らき☆すたの味ってどんな味・・・?

いろいろあったけど、なんとか鷲宮神社に到着


お昼もすぎていい加減お腹がすいたので、お参り前に腹ごしらえをすることに。
ただ、周辺には屋台以外のお店がほとんどなし。
そして正面にはなんかボr もとい、実に味のあるお店が一件だけ。


なんか、入り口の脇にダンボールとか積まれてるし、やってるのかなぁと脇を見るとメニューが・・・

 お・・・おうw

だいじょうぶかしらんとか思いながら入店すると、出迎えてくれるキャラクター達(笑)

って、おい!
なんでグリザイアの果実だ!(笑)
どうもメーカーと提携?してるよう。

と、ある意味驚いたのはまだ序の口だった・・・


ぬいぐるみが出迎えてくれて

 脇には所狭しと並ぶキャラグッズ(高くね?)

そして・・・




 障子はすべてキャラクター!

もちろん、




一年生ズもちゃんとおります。
ナラさんの好きなヴぁ!の人はいなかったようで残念がっておりました(笑)

他にも作者やキャストの色紙

 

泉こなた役ってことはこれは平野綾かな?

他にも有名人の色紙がいっぱいで楽しませて貰いました!

さて、 ここまであんまし補給しなかったこともあってお腹ぺこぺこ。
あぁ・・・イロモノ系だなぁと思いながら
おれ:柊姉妹の双子海老天そば
ナラさん:あきらの味噌路うどん
を注文。

しかし、意外や意外。
出された蕎麦はすごくまともに見える。

ごくごくふつーの関東風蕎麦と思いきや、
これが実に美味かった!
最近、関東風蕎麦も食べれれるようになったけど、それでも醤油があまりに全面に来るのは苦手。
でも、これは醤油の味はもちろんするけど、それよりも出汁の旨味が全面に押し出されて非常にウマシ!
大盛りで正直食べきれるかわからなかったけど、ペロりといけちゃいました!
いやぁ、内装といい、料理といい、非常に満足!
ぜひ、もう一度来たいですな。

非常に満足したお腹をさすりながらようやっと本命の鷲宮神社にお参り
そしていきなり出迎えてくれたのが・・・

痛絵馬であります(笑)

以前、神田明神にお参りに行った時もすごかったけど、
ここも負けじとすごい痛絵馬の数々。
もちろんらき☆すたが中心でございました(笑)




もちろん、らき☆すただけではなく、

よくわからないコラボや


なにやら切な祈願も(笑)


これはラブライバーな友人二名へ(笑)

さて、本命の痛絵馬を堪能(オイ した後はまったりとお参り。
鷲宮神社は関東最古の神社とのことで、まず祀られている神様が複数とのことで、本殿もふたつありました。

調べてみると、
手前が鷲宮神社御本殿で天穂日命と武夷鳥命を
奥が
別宮の神崎神社で大己貴命を祀っているとのこと。

さらには

鹿島神社


淡島神社


諏訪神社

他にも八幡神社まで分祀されており、このなんでもあり感がいかにも八百万の日本という感じがしてなんだか楽しい気分になりました(笑)

さて、しっかりと旅の安全を祈願した後は、最後の目的地である温泉へ!

冷たい北風に吹かれて凍えた身体に温かさが染みこむまさに天国!
あぁ、こういう温泉が武蔵小杉にもできないかなぁ・・・

そして湯上がりにはもちろんコレ!


そして、温泉といえばまんじゅうでしょう!(笑)

往路の疲れをここで十分に癒やさせていただきました。

さて、往路は地獄の向かい風だったわけだけど、
ここからは天国の復路!
まったく力を入れてないのに余裕の巡航30km/hオーバー。
車通りが少なかったら、横風がまったくなかったら40km/hオーバーも行けたでしょうな。
ただ、問題だったのがほとんど負荷が掛かってなかったために身体がまったく暖まらない(泣) 
本日は最低気温6℃、最高気温13℃とあったので、操作感重視の割と薄手の手袋にしたら指先が冷えきってしまう失敗。
天気予報を宛てにせず、ちゃんと予備を用意すべきでした・・・

そして、日が沈む荒川をひた走るナラさん(とオレ

逆光で写真では見えないけど、奥には富士山も見えて最高の眺めでした!

その後も予想外に現れた10%を超える激坂にナラさんがひーこらしたり、オレは負荷だ!暖まれる!と歓喜したり(笑) 
してとっぷり日が暮れた荻窪でナラさんとはお別れ。

さ、残り15kmほど。早く変えろーと帰り道を急いでいると、変速がおかしいことに気がつく。
どうも、トップ側の3段ほどが切り替えられない・・・
まぁ、そんな急な坂もないからいっかと気にせず進むと、今度はロー側も変速できなくなる。
(翌日、お店に持ち込んでリアディレイラーを調整してる途中にシフトワイヤーが切れた(笑))

そんなハプニングもありつつも、丸子橋にたどりつくと、武蔵小杉の夜景を見てほっと一息


それなりの距離を走れて、聖地も行けて、美味しいものを食べて、さらには温泉となんとも楽しい一日でした!
ナラさん、誘ってくれて本当にありがとう!

次は大洗だね(笑)

走行距離:142.13km
標高差:529m 

準備は前日までにほぼ完了して、前日のお昼にゴーゴーカレーの大盛、夜につけ麺TETSUの大盛を食べてなんちゃってかーぼローディング。

うん、明らかに食いすぎ。


5時から受け付け~ミーティング~装備チェック~スタートというスケジュールのため、3時半に起きて準備・・・するつもりがだらだらと関係のないことばかりしてしまう始末(笑)

それでも5時前に準備が完了してスタート地点である中原市民ミュージアムに向けて出発。現地まで自転車10分で到着できる武蔵小杉在住でよかったー!


受付、ミーティング、装備チェックに特に問題はなし。

初ブルベの人向けにさらに追加ミーティングでいろいろアドバイスを頂きました(逗子200走ってるから初ではないけど)。自転車歴1年未満の人いる?ってことでさすがにそんなヤツは私だけでした(笑)

 

さて、スタート直後の中原街道は信号が多くさらに地味にアップダウンがあるのでまったくペースが上がらず。

これは予想済みだけど、さらに信号待ちで他の参加者の方と団子状態となってしまい、8人くらいのながーいトレインになったのはさすがに想定外。あんまし長いトレインは車に迷惑なので、最初は一番最後尾でさらに間隔を開けつつ走ってたんだけど、16km/h台のペースになっちゃってこれはマズイ、なによりトレインの後ろは気疲れする。 ってことで、脚の消耗を承知で先行車をパス。結果的に、これは大正解。




 時折見える富士山に気分を高揚させつつ、大磯に入って、もうちょっとで1号線に入るかなー? といったところで、パーッン!という派手な音とともにリアタイヤが振動でがくがくがく。初パンクがブルベ走行中に発生して頭まっしろ。

 なんでこのタイミングで発生するんだ・・・とか、でも腰を痛めてた先週の逗子で起きなくてよかった・・・とか益体もないことを考えつつ後、サイコンの距離と時間を見て、まだ1時間弱くらいの余裕があることを確認。

大丈夫、まだ焦る時間じゃないと自分に言い聞かせながら、ツールボックスの修理キットを展開。AirBoneの先端が壊れてて空気が入らないという泣きっ面に蜂なコトもあったけど、インフレーター持ってたので事なきを得る。うん、バックアップは重要だ。

これまで1時間くらい掛かってたチューブ交換がなんと20分で完了!パナレーサーの入れやすさ最高!(てか、SOYOのラテチューブが入りにく過ぎるんだ・・・)

この時点でマージンは30分ほど。あと1回パンクしたら終わりだなってことで慎重に再スタート。


PC1 ミニストップ 小田原下曽我店 10:04到着

とりあえず再パンクの心配はなさそうということで一安心。

でも、恐る恐る走ってきたのでマージンは増えず、PC到着時点でマージンは30分ほど。

パンクするまで飛ばし気味で脚が重たかったけど、あんましゆっくりする時間はなさそうだなということで羊羹を1個買って5分ほどで再出発。

他の方はいろいろごはんを食べてて後ろ髪ひかれる思いをなんとか振り切る(笑)

いいもん、俺は江の島でラーメン食べるんだからー!


そして、折り返して1号線を平塚方面に走ってたらロードバイクを取り扱ってるお店を発見!

さっそく、予備の予備のタイヤとインフレーターを購入。これで機材的な理由でDNFすることはないなと精神的にも安心、ついでにトイレも借りて身も心もすっきり(笑)

ちなみにブルベではPC以外でのサポートは認められないので、パンク修理したタイヤを見てもらうことも当然できない。(フロアポンプを貸してもらうくらいはありなのかな・・・?)

大磯から湘南ビーチラインに入ると海が見える!やっぱり海がすきー!

気分よく、でも脚と心拍を回復させるため自分を抑えつつ走って、江の島への橋が目前となったところで当初から予定していたラーメン花みずきにIN。

ここで20分以上の長い休憩。

お客は3組ほどで注文してトイレに行ってる間にさくっとくるかなーと思ってたのが大誤算。

どうもラーメンひとつひとつ毎にゆで→スープ作成→盛り付けと実に丁寧に作っている様子。結局、注文してから提供されるまで15分以上掛かってて、来るまで寝てました(苦笑)



まぁ、待った分だけの美味しさはあったかな?(笑) 

前半飛ばしすぎた影響で食欲も落ちてたところだったので、長い休憩から食べたのはよかったのかなぁと前向きに考える。

でも、ブルベで利用するのはこれで最後にしようと誓った(笑)

さて、ここからも脚と心拍の回復を最優先としてペースを抑えつつ進行。ろんぐらいだぁす!でおなじみ?の亜美ちゃん坂も躊躇なくインナーローにぶち込んでものすっごいのっそりと登る。


 通過チェック 三浦フジトモ商店 13:53到着

通過チェックのフジモト商店ではオレンジーナを購入。ほんとはショーケース内にあったシュークリームが食べたかったけど、いまいち食欲がわかなかった・・・

小休止していると、見覚えのある赤いジャージの男女ペアの方が到着。・・・どっかで見覚えがあるような・・・とか思いつつ、そそくさと店を後にして風力発電の坂を登った後、ペアの方が追い付いてきて、ひょっとしたら逗子200走ってませんでしたか?と声をかけてもらってようやく思い出す。

7-11真鶴店から小田原あたりまで一緒に走ったKeepLeft&梅丹本舗のペアの方でした!

青いバーテープが珍しいと覚えてくださっていたようで、内心感謝感激大歓喜しつつ雑談しながらPC2へ到着。
 



PC2 FamilyMart 店 14:19到着

この時点で残り時間は50分ほど。ようやっと安全圏に入ったかなってところでほっと一息。

ここでは一口クロワッサンを購入。最近、補給食はクロワッサンばっかり食ってる気がする(笑)

まぁ、補給食としてはご飯よりパンの方が好きだし、一口サイズでちょっと止まった時に摘まんだりとかしやすいんだよね。

ここでKeepLeft&梅丹本舗のペアの方とお別れ・・・と思ったら、湘南国際村手前の7-11で休憩中にKeepLeft&梅丹本舗の方とまたまた再会(笑)


 さて、ここが今回の一番の山場ですよってことで、えっちらおっちら登る、そして下る。もう何度も登ってる坂なので、特に感慨もなく、まぁ、写真の一枚でも撮っておくかと若干の余裕すらある。・・・でも、心臓はばくばくだったけど(笑)

さて、山を下りてここからはなるべく明るいうちにゴールしたいなーということで休憩なしで進むことに決定。のこり40kmならノンストップで2時間てところかなぁ?などとあまあまな計画をぶちたてましたが、そうは問屋が卸さない。

横浜に入ってからみるみるウチに落ちるペース・・・信号多過ぎなんじゃー! 坂でもないのにサイコンの平均速度がどんどん落ちていきますよ(泣)


 

結局、みなとみらいでは真っ暗になっちゃって赤レンガ倉庫やら大観覧車やらを撮ってもぶれぶれでまともな写真が残せず(苦笑)

おまけに1号線は地味にアップダウンがあって道も割とデコボコしてて脚にキてもうここ走りたくなーいと泣き言を言いながらゴール(笑)



PC3 サークルK 川崎苅宿店 18:23到着

ゴールしたけど、他の参加者は誰もいない。ま、そんなもんかなぁと思いつつ、オロナミンCで一人祝杯。

ゴール受付の川崎市民会館へ行くと駐輪場に参加者の方が。受付も終わってこれからかるところだそうな。おつかれさまーと声を掛け合ってお別れ。無事にPCチェックも終わって完走認定完了!
初ブルベの逗子200、そして曽我梅林200と連続で完走できたのは自信になりました。

スタッフの皆様、道中お会いした参加者の皆様、本当にありがとうございました。
次のBRM131 東京300 いってこい伊豆高原でも宜しくお願いしますm(__)m


次は初めての300kmだけど、コースとしてはいつものポタコース+逗子200なので天候と体調さえ問題なければ十分いけると楽観。
腰の調子は・・・まだ若干の痛みはあるけど、だいぶよくなってきたので無理せず直していきたいな。


さって、2週連続ブルベだったし、来週はグルメポタといきますか! どこにいこっかなー(笑)

↑このページのトップヘ