無事?完走できました。
クエスチョンが着いた理由は後程として、事故や怪我があったわけではありませんのでご安心を

今回使用したバイクは今まで使ってきたDefy0で、ニューバイクのHeliumのデビューはお預け。
というのも、ブルベに必要な装備以前に、まだショップから自宅までの2kmほどしか走ってないので(ノ∀`)
そして今回のコースはこんな感じ。


富士の麓は山中湖を通って、道志みちを下って戻る200km
ちょうど中間点のCPである道の駅すばしりまでの登り区間での暑さ対策がキモとなるブルベでした。

朝3時半ごろに起床して朝ごはんを食べつつ、バイクと装備の最終チェック。
5時頃に自宅を出発して10分ほどでスタート受付の中原市民ミュージアムに到着。
今回の主催であるナオキさんを初めとして知り合いの方々にご挨拶してから、いつものごとくブリーフィングまでは他の方の装備を拝見。
流石に200は軽めの装備が多いですね~。
かくいう自分もサドルバッグには輪行袋とウィンドブレーカ、フロントバッグはヘッドランプのバッテリー、モバイルブースター、緊急用の補給食を少し といつものポタと変わらない携行品+GPSナビ、キューシートという軽装

ナオキさんのブリーフィングの様子ヽ( ´ ∇ ` )ノ

 
今回ブルベに初参加の方も何人かおられるようです。

6時に装備チェックを終えて出発!

 
スタートから最初のPC1まではR東京おなじみのルートで別段迷うこともなかったんだけど、「畠田橋西」を左に曲がってしばらくしたところで後方からパーンッ!と派手な破裂音が。
あぁ・・・パンクの神様が降臨しちゃったか・・・とスローダウンしてタイヤを確認すれど特に問題なし。
パンクしたのはすぐ後ろについていたライダーの方でした。
その方も直ぐにスローダウンして事故もなさそうだったので我が身に降りかからなかったことに胸を撫で下ろしつつ先に進みます。


途中、AJたまがわのジャージを着たライダーさんとご一緒。
背中のタマちゃん(写真だとベストに隠れて見えませんが・・・)がすごく可愛いジャージです(^-^)

PC1へは8:05頃に到着
 
いつものごとく超スローなペースなので、手作りパンが魅力のデイリーヤマザキでお目当てだったフランクドックは既に売り切れ(T_T)
まぁそれほどお腹も空いてなかったのでウィンナーパンを1個と水を補給して5分ほどで離脱。

いつものブルベではPC1を過ぎてから500mほどで左の小道に曲がるんですが、今回はそのまま直進。
ここからは全て初めての道でワクワクが止まりませんヽ( ´ ∇ ` )ノ


富士に向けて徐々に登り気味になって、さらに日が照るようになって体感温度も急上昇してきたので水を掛けつつ走行。保冷ボトルの炭酸飲料がめっちゃウマい!多少重たくなっても夏場はもうこれが欠かせません!
信号もだんだん少なくなってきて、走りやすくはなってきてはいるものの、気温もぐんぐん上昇していく・・・

 
コンビニも少なくなってきて、自販機だよりに水を補給しつつ進行していくけれど、庶子あたりだったかの何もない区間で水が尽きかけたときはちょっと焦った・・・(-_-;)
徐々に民家も少なくなってきて山間の風景が増えてきて絶景の数々!



ふっじさーん!(結局まともに見れた富士山はココだけでした)

 

 
こういう圧倒的な存在感を体感できるのが自分にとって山に登る醍醐味だったりしますヽ( ´ ∇ ` )ノ
(上り坂は正直苦手ですが・・・)

今日は風もそこそこあって、ちょい向かい風から横風気味ということもあって、本格的な登りに入る前にあんまり貯金が稼げず、道中のライダーと今日の暑さは特に厳しいですねぇと苦笑いし合いながら進んでいくと、またもやすぐ後ろからパーンッ!!と派手な破裂音が。
今度こそやっちまったかー!? とタイヤを見ても特に問題なし。
またもやすぐ後ろを走っていたライダーの方がパンクしておりました(というか、最初のパンクと同じ人だったような・・・)

一色神社を過ぎたあたりから本格的な登頂開始で、しかも折り返しほぼなしの直線的な登りの連続。
ふつーなら気持ちが萎えるところだけど、ここからは左右に生い茂った木によって木陰ができてたので、逆に生き返りましたヽ( ´ ∇ ` )ノ
しかししばらく登り続けていくと、なにやら左手からゴロゴロと不穏な音ともに黒っぽい雲が木陰からちらほらと見えて・・・
登るにつれて日が遮られて気温も下がってきて嬉しいのだけれどいやーな予感もしてきたのでいっそう頑張って登り続けてました。
 
そして道の駅すばしりまでもう少しというとことまでヘロヘロと登ってきたところでやっちまいましたコースミス。
「須走南」で側道に入らなきゃならないところをICへの道に入っちゃうアホっぷり。GPSでもキューシートにもちゃんと側道にと書いてあったのにヘロヘロの頭で何かがオカシカッタのでしょう(´・ω・`)
幸いにして数百メートルほど進んだところで気が付いたけれど、ICへの道とあって車が途切れることがなくUターンして戻るのにけっこーロスしてしまいました(T_T)

途中、富士の自衛隊演習場の横を通って自衛隊員さんに手を振って挨拶して、たまに通る軍用車におおーとよくわからない感嘆を覚たりヽ( ´ ∇ ` )ノ



チェックポイントの道の駅すばしりには12:13頃に到着!


 当初、ここで「ごうりきうどん」なるものを食べようかと考えてました。
けれど、しきりに鳴るゴロゴロとした音と分厚い雲、行き先に掛かってる靄(雲か?)を見て長時間の休憩は諦めて屋台で富士宮やきそばを買って富士山のおいしい湧水を補給。・・・正直、やきそばはいまいちでした(ノ∀`)
そそくさと休憩を切り上げて籠坂峠に向けて登りを再開。
斜度はそこそこなれど、またもや直線の登りでひーこらいいつつも気温22度の涼しさはさいこー!とか思いながら登ってました(笑)

 
道の駅すばしりから大した距離もないのであっさり登頂完了!


さー、ここからダウンヒルの開始だ! となかなかのスピードで下ってる最中に右手上腕部に何かがぶつかった感覚の直後に激痛!!
見やるとミツバチよりちょい大きめの蜂が止まってて長袖ジャージの上からぶっすり!!
慌てて蜂を払うも既に遅しで段々と痛みが増してくる始末。
とりあえず山中湖まで下ってから恐る恐るジャージをめくってみると赤く腫れ上がって触ると激痛が・・・(>_<)
 
ダウンヒル中に蜂がぶつかってさらに刺されるとかどんな確率だよとか、ヤバイ毒もってないよな?とかいろんなことが頭の中をぐるぐると駆け回ってました(T_T)

なので初めて来た山中湖の景色はあんまり堪能できませんでした・・・


とりあえず、ヤバい症状がでるかどうか様子を見るため、グルメポイントとして予定していたジェラートショップのジョイパティオさんでアイスクリームタイム!

 
これがめっちゃ美味しくて刺された痛みを一時忘れてじっくり休憩できましたヽ( ´ ∇ ` )ノ
 
しばらく様子を見て、痺れがきたりとか気分が悪くなってたりとかのヤバそうな症状はでなかったので、アイスを食べ終わったところで走行再開です。

たっぷり休憩したおかげで道志みちの山伏トンネルへの登りもさして苦労せず登りきれました。


さて、ここからながーーーーい下りのご褒美タイム開始!

 
ほぼ貯金ゼロの状態から見る見る増えてくる貯金に思わずにんまり(笑)
周りの景色も最高!



ほんとハチの一刺しさえなければ最高のダウンヒルだったんです・・・

山伏峠から3、400メートルほど下ると日が照ってきて気温もみるみる上昇していって再び水垢離開始です(笑)
富士の名水もどんどん少なくなっていってそろそろ水を補給しないと・・・考え始めるも自販機すらない区間に入ったようでちょっとだけ焦り始めたところに救いの湧水が!
思いっきり頭から水をかぶってまさに天国!ヽ( ´ ∇ ` )ノ
どうやら道志みちでは有名な水汲み場であったらしく、何たるラッキー!
たっぷりとボトルに詰め込んでさぁ、下りの再開だ!と思ったら登り返しが(笑)

それからも時折現われる登り返しにひーこらいいつつPC3には2:56頃に到着!

山伏峠までの登りでヘロヘロ状態だった脚もアイスクリームと長いダウンヒルの休憩のおかげかすっかり回復して、
ここではコカコーラ、水、クーリッシュを買って5分ほどの高速離脱。

そこからも絶景の連続。残念ながら腕の痛みとダウンヒルの連続で写真を撮る余裕もなかったので脳内に景色を焼き付けて下りましたヽ( ´ ∇ ` )ノ

長い下りが終って相模湖の横を通り抜けると市街地に戻ってくると信号と渋滞がまってました・・・
まぁ、時間には余裕があったのでまったりと残りの40kmほどを走って(途中コンビニで休憩しつつ)ゴールへ

ゴールであるミニストップ川崎井田店には17:47頃に到着!
ゴール受付で無事に認定を受けてほっと一息。
ひとしきり走行後のおしゃべりを楽しんで帰宅しようとしたところに、PBPからちょうど帰還されたマーリンさんに会えて予想外の嬉しいイベントが発生!

帰りはゴール受付のすぐそばにある行きつけのつけ麺屋で炭水化物とタンパク質(+脂肪)を補給。
 
そーいえば固形物食べたのってPC1のウィンナーロールと富士宮やきそばだけだったな。
あとはアイスクリームと炭酸飲料のみ(笑)

そして蜂に刺されたところが痛むので薬局に行って液体ムヒを購入。

 
お風呂に入ってさっぱりしてから液体ムヒを塗りまくってぼけーっとツイッターを見てたら眠たくなったので21時頃に就寝してブルベな一日は終了。

タイムはサイコン読みで11h55m 久々の200kmで11時間台ということで可もなく不可もなく。機材トラブルや体調面での問題はなかったのでまあこれが今の私の実力なんでしょうね。

休憩(とグルメ)は少な目だったけれど、初めて走った富士山への道と道志みちは素晴らしい景色の連続ですごく楽しく走れて大満足!
ハチに刺されるという一幕もあったけれど、大事に至らなかったし終わってみれば話のネタにもなってプラマイゼロといった感じ(笑)

今回のコースを設計・主催して頂いたナオキさんを初めとしたR東京スタッフのみなさんお世話になりました。
楽しいコースをありがとうございます! 存分に堪能できました!
共に走ったライダーさんもお疲れ様でした!
またどこかのブルベでよろしくおねがいします!!

さて、次はシルバーウィークのしまなみ~北九州旅行だ!
しっかりと計画を練って楽しいサイクリングにしなきゃねヽ( ´ ∇ ` )ノ